日本の‘だるまさんが転んだ’を英語で紹介

チャイルドケアアシスタントの実戦訓練で子供たちと一緒に遊んだ大人気の

”What’s the time,Mr.Wolf?“の遊び。

(この遊び方は”こちらの記事”で絵入りで説明しています。)

日本の伝統的な遊び”だるまさんが転んだ”に似ています。

そこで、異文化交流の一つに幼稚園やデイケアで実際に取り上げて説明しました。

その時の英語の実例を紹介します。

 

幼稚園やデイケアで小さい子供相手に詳しい説明は理解不可能です。

ところどころ省略しつつ絵と体を使って説明しました。

絵はこちらのサイトがとても分かり安かったので説明時にプリントしてところどころ使わせてもらいました。

 

ポイントはオーストラリアなら

「What’s the time, Mr Wolf ?」

の遊びは皆知っています。

それをもとに紹介すると分かり安く伝わります。

最初の導入部分とだるまの説明

Do you know the game called “What’s the time, Mr.Wolf?’’.

(”What’s the time,Mr.Wolf?”のゲームは知ってる?)

We have a similar game called Mr. Daruma fell over in Japan.

(日本でも”Mr.Daruma fell over.”って言う似たゲームがあるんだよ。)

Daruma is one of the most popular dolls in Japan. It always stand up, even when pushed.This means we have to stay positive even when it’s difficult.

(だるまの絵をみせながら:だるまは日本でとっても人気のある人形の一つ。例え押してもいつも立ってるの。これはどんな大変な時でも前向きに!って意味だよ。)

 

 

遊び方の説明

1.In this game,  Mr.Daruma takes the place of Mr.wolf.

(このゲームでは、”だるまさん”がMr.Wolfにとって代わるよ。)

 

2.Everyone stands at starting line and they do and say “Take a first step!”.

(皆スタートラインに立って”初めの一歩”と言って1歩進むよ。)

 

3.Mr Daruma said,’’ Mr. Daruma fell over.’’

Meantime  everyone moves close to Mr Daruma. You can move as many steps as you want toward Mr.Daruma.

(だるまさんは”だるまさんが転んだ”って言います。その間、皆がだるまさんに近づきます。好きなだけ進んでいいよ。)

 

 

4.But  when Mr Daruma turns to look to you after the word, everyone has to pause like a statue.

(でもだるまさんが台詞の後振り返った時には皆静止しないとダメ。銅像のようにね。)

 

5.If you move, Mr.Daruma  captures you and you have to hold hands with Mr.Daruma.

(もしあなたが動いたらだるまさんに捕まえられる事に。そしてあなたはだるまさんと手をつながされます。)

 

6.But don’t worry! Other kids can help you.

While Mr Daruma is saying  the word, If someone shouts “cut” and  ‘Karate chops’   in between Mr. Daruma’s hand and yours, you are free.

(でも心配しないで。他の子が助けてくれるよ。だるまさんが台詞を言っている間、もし誰かがだるまさんの手とあなたの手の間を”切った”と言って”空手チョップ”したらあなたはフリー。)

☆空手は人気がありほとんどの子が知っているので”空手チョップ”と言うと動作をイメージしやすいです。

 

  

 

7.Then everyone has to run away from Mr.Daruma immediately.

(そしたらすぐに逃げます。)

 

8.When Mr Daruma  says  “STOP”, everyone has to  stop.

(だるまさんが”ストップ”って言ったら皆止まらないとダメ。)

9.Mr Daruma  asks  everyone,”how many steps?”

(だるまさんは皆に”何歩?”って聞きます。)

10.If they say  5 steps, Mr.Daruma can take 5 steps and reaches the closest person and touches him or her.

(皆が”5歩”って言ったらだるまさんは5歩進んで、そこで一番近くにいる子にタッチ。)

The person who are touched by Mr.Daruma is going to be the next Mr.Daruma.

(だるまさんにタッチされた子が次のだるまさんの番です。)

実際3人位、そばに来てもらってデモンストレーション。”空手チョップ”や”ストップ”する場面がとても人気でした。

 

☆「ハンカチ落としを英語で紹介した実例」の記事はこちら

☆「海外の幼稚園や小学校に日本文化を英語で説明するポイントとお役立ち英語説明の本4冊」の記事はこちら

☆「海外の子供たちに紙芝居を英語で紹介」の記事はこちら

 

タイトルとURLをコピーしました