海外の子供に人気の英語でカウントする遊び歌 ”Ten in the bed”。保育士はこうしています情報!

オーストラリアの幼児教育は「遊びながら学ぶ」事を基本としています。

それを主旨として「キンダーガーテンプログラム」が設けられていることは以前の記事でも紹介しました。

(「4歳の幼稚園は重要!キンダーガーテンプログラムとは?」の記事はこちら。)

ここでは、私がチャイルドケアアシスタントの資格取得の為に実践訓練場所として行ったデイケアや幼稚園で実際にみた「数字をカウントしながら楽しむ歌」を紹介します。

前回は「5Little Monkeys jumping on the bed」でした。(記事はこちら)

今回は「Ten in the bed」です。

これは息子が4歳の時に翌年のプレップ進級に向けて「プレプレッププログラム」が開催された時にもその初日に皆で歌い踊りました。

歌詞

早速実際の歌と画像をご覧になりたい方はこちらをどうぞ。↓

Ten In The Bed - Super Simple
Practice counting down from 10 to 1 with the classic, “Ten In The Bed.” How many bears are left each time? And who is that in the window? It looks like some fri...

歌詞の最初と最後の部分を紹介します。

Here we go!

There were ten in the bed

and the little one said,

“Roll over, roll over.”

So they all rolled over and one fell out.

 

Nine!

There were nine in the bed

and the little one said,

“Roll over, roll over.”

So they all rolled over and one fell out.

引用元:super simple song Ten in the bedよりhttps://supersimpleonline.com/song/ten-in-the-bed/

さぁ、始めるよ、

10人の子どもたちがベッドで寝ているよ。

一人の小さい子が「転がれ、転がれ」と言ったよ。

それで皆転がったら一人落っこちちゃった。

☆こうして一つずつ数を減らして同様に繰り返します。

次はとうとう最後の一人だけにあった部分です。

One!

There was one in the bed

and the little one said,

“I’m lonely…[sigh].”

引用:super simple song Ten in the bedよりhttps://supersimpleonline.com/song/ten-in-the-bed/

「寂しいよ~」とため息をつくんですね。

これは、10人ですが5人バージョンも同様です。

パフォーマンスの方法

先生や子供の年齢によってパフォーマンスの仕方は多種多様でしたが一部を紹介します。

子供10人を選ぶ方法

これは、プレプレッププログラムで見たパフォーマンスです。

  1. 実際に子供をベッドに寝ている子達の役にします。10人を選びます。
  2. 前に一列に立って並ばせて歌い始めます。
  3. “Roll over・・・”と歌い始める時、転がる代わりに全員ロケットのように両手をあげて回転しながら横にずれます。

 

4.“・・・one fell out“の歌の時に一番端の子が抜けます。

以下、この繰り返し。

☆一目瞭然で一人ずつ減っていく事が分かります。

数字のマグネットを使用

これは、先ほどと同じように歌い踊る時は立った状態で‘転がる’代わりにその場で回転しますが先生がホワイトボードに数字のマグネットを並べていました。

  1. ①から⑩までのマグネットを一列に並べる。(ベッドの絵を書いて)
  2. 一人ずつ減るたびに⑩から順番にマグネットをはずしていく。

☆数字を実際に目で確認する事が出来ます。

マット使用

あるデイケアではマットを床に敷いて実際に転がっていました。子供達も大喜び。

いい回転運動にもなります。

転ぶ事が楽しくて数字の認識が欠けがちなので、次の歌に進む前に先生が人数をカウントしていました。

ベネフィット

  • プレップ進級前の準備
  • カウント力(ゼロを含めた)
  • 数字の順番の認識
  • 言葉の発達

英語圏の幼稚園やデイケアで働く、若しくは研修する予定のある方や日本で子供達に英語の歌を教える時にお勧めの人気曲です。

こちらで実際にキンディやロングデイケアで使われているCD付き本も紹介しておきます。

☆この絵本もでていてとっても人気。ダイヤルを回して人数が減っていくのが一目瞭然で分かる仕掛けです。

☆「オーストラリアの子供たちに人気のアクティヴィ”What’sthe time,Mr.Wolf?”」の記事はこちら

タイトルとURLをコピーしました