【英語】お勧めの絵本 “Koo Koo kookaburra”

オーストラリアで【読み聞かせ】に大人気の絵本、かつ数々の賞を受賞している

Kookoo Kookaburraの紹介です。

 

特に英語学習中の方、お子さんに英語の絵本で読み聞かせをされたい方、保育士を目指している方などはオーストラリアの文化に触れながら楽しく読めるのでお勧めです。

 

本の表紙はこちら。↓

Kookoo Kookaburra

 

Kookaburra(発音:kúkəbə̀ːrə)あえてカタカナで書くと「クッカバラ」ですが、オーストラリアを代表する鳥、「笑いカワセミ」。

 

昔から伝わる「Kookaburra Song:笑いカワセミの歌」もあって子供たちにもお馴染みの存在です。

 

Kookaburra Song♪

笑いカワセミの歌はこちらの記事で紹介しています。

【Kookaburraの歌】で学ぶ ”K ”探し。保育園で活用。
オーストラリアを代表する笑いカワセミ(Kookaburra)の歌と訳文、内容を紹介します。実際にチャイルドケア(保育園)や幼稚園、小学校準備学級のプレップでも取り入れていて、中には紹介する動画のようにアルファベットK探しに活用しています。

 

 

今回紹介する本は、オーストラリアのアボリジナル作家、そしてイラストレーターでもある

Gregg Dreise 氏が著者です。

 

この本をお勧めする主な理由として

 

①オーストラリアを代表する「笑いカワセミ」がテーマ。

アボリジナルアートに触れられる。

(アボリジナルアートについて分かりやすく説明してくれているサイトはこちら。)

③読者へのメッセージが「道徳を教えること(自己イメージ、友情、優しさ、いじめなど)」に関していて更に先住民族の文化も紹介している。

 

 

では、簡単にあらすじを紹介します。

その後に「読み語り動画」があります。

あらすじ

主人公の「Kookoo (クークー)」は親切で皆から愛されている笑いカワセミ。

彼は、面白い話で他の茂みの生き物を楽しませる「ユーモアのある演出家」として有名でした。

 

ところがある日、クークーは面白い話がネタ切れし、かつ段々飽きてきてしまいました。

その代わりに「他の動物たちをからかったりする」ようになります。

 

クークーを心配した叔父は、彼に賢明なアドバイスをしますが、クークーは耳を傾けませんでした。

 

やがてクークーは、自分の周りに誰もいなく、友達に無視されていることに気づきます。

彼が自分の笑い声を聞くと、それは不幸な音に感じました。

 

そして遂に叔父のアドバイス、「優しさはブーメランのようなもの 。何度も投げれば返ってくる…」という言葉を思い出します。

 

読み語り動画

では、こちらの動画の読み語りを楽しんで下さいね。

Kookoo Kookaburra by Gree Dreise

Kookoo Kookaburra by Gregg Dreise. Read aloud by Mrs Kenny

 

Kookoo Kookaburra by Gregg Dreise
created by Rinker

 

🌟本物の笑いカワセミの鳴き声はこちらで撮影しました。↓

オーストラリア【笑いカワセミ】の鳴き声を録画。えっ、三角関係?
オーストラリアを代表する動物、笑いカワセミの鳴き声を撮影した後に動画を見てみたら、それはカップルとそれを邪魔するもう1羽の存在が。。。笑ってるみたいに聞こえるけど実は警告のサインなんですね。カップルの雄の逞しい姿を静止画で物語ふうにしました。

 

 

タイトルとURLをコピーしました