海外で習うフォニックスはこんな感じ。アルファベットPは1つの音。

海外で習うフォニックスの紹介です。

 

息子が4歳から5歳の時にプレップ

(小学校準備学級)で習ってきた

アルファベットAからZのフォニックス

の覚え方がユニークで分かり易い。

 

A has three sounds……

has one sound /p/.~」

 

と九九を覚えるように口ずさんでるのを

聞いて楽しそうで感動しました。

 

同時にその後、「何か違う!」と

私の発音が気になり始めた様子

 

先生から教わったように母である私にも

正しい発音の仕方を伝授し始めた息子で

あります。

 

「よーし!これを機会に同じように教えて

もらおう!」

と特訓開始。

 

受験勉強時でも語学留学時でも

発音記号をもとに修得してきたつもり

違った発音をしていた現実に直面。

 

現地の子達が習うフォニックスを同じよ

うに修得する事で劇的に発音が変化し通

じる喜びを味わえます。

 

今回はアルファベットの出番!

 

アルファベットのフォニックス音

似た音の出し方ですがその違いも含めて

分かり安く紹介します。

 

アルファベットPは1つの音だけ。

今回も歌う感じで覚えてしまいます。

まず口元を見て音を聞いてください。

「P has 1 sound “p”」

p has 1 sound /p/.

 

それでは音の出し方と

単語例をあげます。

 音の出し方

  口の形

 

①まず最初に上下の唇をくっつけます。

☆この時、ただ閉じるだけでなく

やや唇が内側に入り込む感じ。

 

②唇を放す時に/p/と思いっきり

空気を吐き出します。

(無声音です)

 

☆紙を口の前に置いて

空気を吐き出した時に振動すればOK.

 

舌の位置

 

舌は自然と下の方にあります。

再度、動画で音の出し方を見て

一緒に発音してみて下さい。

pの音

 

単語の例

アルファベットPの単語例です。

picnic,picture, paper, pig

Picnic, picture, paper, pig

 

上記にあげた単語例を

カタカナ読みで言うと

「ピック

母音がついてまわり

英語発音の/p/の特徴である

空気が吐き出される音には

なりません。❌

 

これをフォニックス読みの音に

すると劇的変化!

 

例えば「PIG」

 

*P(発音記号 /p/) :

唇をくっつけてから放す時に/p/

と爆発音。

 

*I(発音記号  /I/):

左右に口角を引き

舌をやや後方にひいて

喉の奥から短母音/I/の音

Iのフォニックスはこちらの記事。)

海外で習うフォニックスはこんな感じ。アルファベットiは2つの音。
海外で習うフォニックスの紹介。アルファベットiには短母音(発音記号i)と長母音(発音記号ai)の2つのフォニックス読みがあります。「I has two sounds /i/ and /ai/.」と口ずさむように覚えます。ネィテイヴによる音の出し方を動画で説明しています。

 

*G(発音記号 /g/) :

舌の後方を口内の屋根につけて

/g/のハード音

Gのフォニックスはこちらの記事。)

海外で習うフォニックスはこんな感じ。アルファベットGには2つの音。
海外で習うフォニックスを紹介。アルファベットGは2つのフォニックス読みがあります。「G has two sounds /g/ and /ʤ/」と口ずさむように覚えます。息子が学校で習ってきた方法とネィティヴ先生の発音の仕方を口の形、舌の位置、息の吐き方、単語例を含めて動画付きで説明します。

 

特にPGの音カタカナ読みをすると

通じないケースが頻繁で修得必須です。

 

逆にこの音の出し方さえ出来れば

通じる喜びを感じます。

たかが”ピッグ” されど “pig”  😉

 

お勧め教材ネィティヴ発音Youtube

この先生はPがつく単語をそれぞれ

先頭・真ん中・後ろにつく3つに分けて

紹介してくれます。

 

音の出し方の説明は上記に紹介した内容と

ほぼ同じです。

(詳細文にも記載あり。)

The /p/ Sound

 

 BとPの音の出し方の違い

音の出し方を学んでいくと

「あれっ、これってあの音の出し方と

似ているけど。。。」

 

と言うケースがよくあります。

 

その一つにここであげた

/p/の音の出し方は先に紹介した

/b/の口の形、息の吐き方

似ています。

(アルファベットBのフォニックス

の記事はこちら)

海外で習うフォニックスはこんな感じ。アルファベットBの音の出し方。
海外で習うフォニックスの紹介です。「B has one sound /b/.」と九九を覚えるように口ずさんで覚えます。口の形、舌の位置、息の出し方など息子が学校で習ってきた分かり安い方法とネィティヴの発音の仕方を動画付きで説明します。

 

似ている点

 

☆口の形

どちらも上下の唇をくっつけて

空気を遮断する。

 

強いて言えば、Bの時よりPの方が

空気をためる力が強いので

唇がギュッと中に入る

違う点

 

☆息の吐き方の強さと音。

 

/b/は口の前で息が吐き出され

遠くまでは届かない。

有声音で喉が震える。

 

/p/は勢いが強く紙を離した位置まで

息が届いて揺れる。

無声音

 

違いを分かり安く紹介した動画です。

 

B and P: What's the Difference?

 

まとめ

カタカナで発音しても

唇を閉じた状態から音を出しますが

英語の音が持つ独特の爆発音とは

かけ離れています。

 

しかもよく登場する単語でもあるので

少しでもフォニックス音を意識して

 

①空気を遮断→②吐き出す

 

という基礎を守れば

意外と簡単に綺麗な英語の発音に変化!

 

楽しくなりますね。

フォニックスを難しくとらえない

英語の音の出し方を楽しむ事が

出来たのは息子の習ってきた

このフォニックスの覚え方でした。

 

比較的、似た音の出し方を分かり易く

まとめた日本の教材をみつけたので

紹介します。

 

次回はアルファベットQのフォニックス

を紹介します。

海外で習うフォニックスはこんな感じ。アルファベットQuは1つの音。
海外で習うフォニックスの紹介です。息子がオーストラリアのプレップで習ってきたフォニックスの覚え方が非常に簡単で覚えやすい!「A has 3 sounds ............」と九九を口ずさむように言います。口の形、舌の位置、空気の通し方を動画付きで分かり安く説明します。

 

 

タイトルとURLをコピーしました