海外で習うフォニックスはこんな感じ。アルファベットBの音の出し方。

海外で習うフォニックスの紹介です。

 

息子がプレップ時代(4歳から5歳)に習ったアルファベットAからZの”フォニックスの覚え方“がとても分かり安く感動しました。

 

九九を覚えるように口ずさみます。

 

さて今回は

アルファベットAのフォニックスに続き、

海外で習うフォニックスはこんな感じ!アルファベットAの3つの音。
現地で習うフォニックス習得法をご紹介。「A has three sounds ....♬」と口ずさみながら覚えられるので忘れません!息子が学校で教わった方法とネィティヴの発音法を口の形、舌の位置、単語例を含めて動画付きで説明します。

 

アルファベットBのフォニックス

の出番です。

 

アルファベットBは1つの音/b/。

これも口ずさむ感じで覚えてしまいます。

「B(発音記号/bí/) has 1 sound /b/.」

 

B has 1 sound /b/.

 

それでは音の出し方と単語例をあげます。

 音の出し方

口の形

 

①まず最初に上下の唇をくっつけます

この時、ただ閉じるだけでなく「ンパッ」と言う時のンのようにやや唇が内側に入り込む感じ。

空気を遮断します。

 

 

 

②唇を戻す時に空気を吐き出します。

 

 

 

喉に手をあてて震えていればOK!

特徴は自分の口の前で音が吐き出されることです。

 

舌の位置

 

舌は自然と下の方にあります。

 

一緒に

/b/の音

 

 

 

単語の例

フォニックス/b/の単語例です。

①上下の唇をくっつけて空気を遮断

②口を放す時に/b/と言う。

口の前で息を吐き出す感じ)

/b/の音の単語例:bed, big, boy, but

Bed, Big, Boy, But

 

お勧め教材ネィティヴ発音の仕方

フォニックス/a/と同様にこの動画が音の出し方を分かり安く説明してくれています。

 

まとめ

アルファベットB(bi)はフォニックス読みで/b/の1つだけなので覚えやすいです。

 

Bee(発音記号bí) も

Beach(発音記号bí:t∫) も

 

フォニックスの音/b/で息が口の前に吐き出され喉が震えます

 

もしこれをカタカナ読みフォニックスで「ブッ」と言うと口の形がタコチューになっていますよね。

英語のような爆発音は出ません

 

ポイントは、上下の唇を中に引き込む事。

「お口にチャックして!」って言われた時に思わずする口。

 

/b/と少し爆発音にするだけで英語の発音になる!

 

のつく単語

but” “beautiful” “bag”とか比較的日々口にするものが多いので唇を引き込んで爆発音を出す練習が一杯出来ます。

お勧めフォニックス教材

英語の発音はカタカナとは全く違う音の出し方をするので見よう見まねだけではなかなか正しい音が出せません。

 

息子が学校で習ってきたように音を出す時には

口の形

舌の位置

息の吐き方

がポイント!

 

という事はこれらを知らずして正しい発音は出来ないという事

 

学校で教わってきた音の出し方の説明が比較的同様の教材を紹介します。

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました