海外で習うフォニックスはこんな感じ。アルファベットCは2つの音。

海外で習うフォニックスの紹介です。

 

息子が4歳から5歳の時にプレップ(小学校準備学級)で習った「アルファベットAからZフォニックス」の覚え方がとても分かり安くて感動しました。

九九を覚えるように口ずさみます。

 

アルファベットAのフォニックス記事

海外で習うフォニックスはこんな感じ!アルファベットAの3つの音。
現地で習うフォニックス習得法をご紹介。「A has three sounds ....♬」と口ずさみながら覚えられるので忘れません!息子が学校で教わった方法とネィティヴの発音法を口の形、舌の位置、単語例を含めて動画付きで説明します。

アルファベットBのフォニックス記事

海外で習うフォニックスはこんな感じ。アルファベットBの音の出し方。
海外で習うフォニックスの紹介です。「B has one sound /b/.」と九九を覚えるように口ずさんで覚えます。口の形、舌の位置、息の出し方など息子が学校で習ってきた分かり安い方法とネィティヴの発音の仕方を動画付きで説明します。

に続いて

今回は”アルファベットC”の番です。

アルファベットのCは2つの音がある

九九方式の口ずさむ感じで覚えてしまいます。

まずは音を聞き、口元を見て下さい。

(この時息子は矯正中!カラフルな歯元が登場します  😉 )

 

C has 2 sounds /k/ and  /s/

C has 2 sounds /k/ /s/

それでは順番に音の出し方と単語例をあげます。

 

Hard C sound: /K/ の音 (ハードなCの音)

まず /k/ です。

これは辞書に記載されている発音記号の/k/の音です。

音の出し方

 

☆ここで説明する口と舌の位置は、後に出てくる

”アルファベットGハード音”や

”アルファベットKフォニックス音

を出す時と同じ形なのでよく覚えておいてくださいね。

 

口の形

①口を半開きにします。

歯は閉じません。

 

 

 

 

舌の位置

②舌を少し後方にひき、舌の真ん中から後方辺りを口内の屋根につけて空気を遮断します。

 

 

 

 

 

③屋根につけた舌を放して喉の奥から空気を吐く感じで/k/っと息を吐きます。

 

☆発音した時、喉元は震えません。

では一緒に

/k/ soound

“k” “k” “K” 

 

単語の例

 

ハードCのフォニックス読みをする単語例です。

舌を後方にひいた状態喉の奥から発音してみて下さい。

Cat, cake, car, can

ハード音/k/の単語例

お勧め教材ネィティヴ発音の仕方

 

イギリスの学校の先生によるハードCの音の出し方と単語例。

フォニックス読みの仕方をまじえて分かり安く説明してくれています。

The /c/ phoneme – Mr Thorne Does Phonics

Soft C sound: /s/ (ソフトCの音)

次にもう一つのCの音、ソフトCと呼ばれる音sについて。

発音記号/s/と同じ音

音の出し方

 

口の形

①半開きのまま歯を閉じる。

 

 

 

 

 

舌の位置

②閉じられた歯の裏側中央に舌の先端がくる。

 

 

 

③閉じた歯の裏側に舌の先端を置いてスーッと息を吐き、摩擦音を出します。

 

では一緒に

ソフト音 s

“s、s、s、”

単語例

 

ソフトCのフォニックス読みをする単語例をあげます。

 

歯を閉じて舌の先端を歯の裏側にあてて発音してみて下さい。

City, cent, circle,  rice

ソフト音/s/の単語例

お勧め教材ネィティヴ発音の仕方

 

同じく先生登場。

口元、歯の位置を分かり安く表現してくれています。

Soft C – Mr Thorne Does Phonics

まとめ

 

アルファベットが持つ2つのフォニックス読みは、発音記号

/k/ と  /s/ にあたる音。

 

いずれもカタカナでは発音できない音です。

 

☆/k/カタカナ読みでクッと言わず

①舌の真ん中から後ろ辺りを口内屋根につけて空気を遮断!

②その状態から舌を戻す時に/k/と空気を吐き出します。

☆喉の奥から無声音を出す感じ。

 

カタカナ読みで「クッ」と言うと「クッ」と母音のウがついてまわります。

 

口も半開きじゃなくてタコチューになってしまいます。

 

 

英語発音は口は半開きです。

そして舌を屋根に付けて空気遮断

 

この空気をためて放す時に出る無声音が英語の音です。

 

☆/s/カタカナ読みでスーッと言わず

歯を閉じて口を半開きにした状態

舌の先端を歯の裏側において空気を送り

破擦音を出す練習をします。

 

カタカナ読みで「スーッ」と言うとこれもタコチューになって摩擦音は出ません。

 

九九を覚えるように

「C has two sounds /k/and/s/.」

 

とアルファベットAから順番にフォニックス読みを口ずさむと段々口の形が慣れてきます。

 

これで単語を口にするとビックリ!

英語の発音になっていきます。

 

それだけ発音の仕方が違うのでカタカナ表記をすると途端に発音が日本語に逆戻り  😥

 

なのでフォニックス読みを日々口ずさみ単語を口にした時、自然と英語発音になるように頑張るのです。

お勧めフォニックス教材

英語の発音はカタカナとは全く違う音の出し方をします。

 

息子が学校で習ってきたように

ポイントは

の形

の位置

の出し方

これらを知らずして正しい発音は出来ないと悟りました。

 

逆に知ること英語発音に近づいて英語が通じる達成感を味わえます。

 

息子が習ってきた音の出し方と比較的同様の説明がされた日本の教材を紹介します。

 

 

 

 

次回は

アルファベットDのフォニックスを紹介します。

海外で習うフォニックスはこんな感じ。アルファベットDは1つの音/d/。
海外で習うフォニックスを紹介。アルファベットDのフォニックス読みは/d/ の一つです。「D has one sound /d/.」と九九を覚えるように口ずさみます。音の出し方のポイントは下を口内の屋根につけるところ。息子が学校で習ってきた方法とネィティヴの発音法を口の形、舌の位置、息の吐き方や単語例も含めて動画付きで詳しく説明します。

 

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました