海外で習うフォニックスはこんな感じ!アルファベットAの3つの音。

オーストラリアの都市に住んでいた時は通じていたつもりの英語。

仕事もしてきたし、普通に生活できていました。

 

ところが田舎町に引っ越してきて一気に自信喪失。

私の話す英語が通じない悲劇をしばしば味わい困惑状態でした。

 

”Pardon?”

“Sorry?”

 

と聞き返されるたびに分かった事。

 

①私の口元を見て理解しようとしている

②言った事が分かった後、

「Oh, ○○」と正しい発音で言い直される

 

 

問題は発音だ!

やっぱり違うんだ。。。

ショック!

今までの培ってきた英語生活は一体何だったんだ。。。

 

 

でも嘆いていられません。

生活するのに英会話は必須条件です。

 

特に日本人のいない田舎町で生き抜いていくには。

 

そんな時、タイミングよく息子がプレップと呼ばれる、4歳から5歳対象の「小学校準備学級」で「AからZフォニックス」を習ってきました。

 

英語圏では発音記号は習いません。

その代わりに徹底的に先生が音の出し方を教えています。

 

4,5歳の小さい子に教えるのでもちろん覚え方も簡単。

 

「A has three sounds…..B has one sound…」

とまるで九九を覚えるように口ずさんでいるのを聞いて「これなら私にも出来る!」 と私も息子や先生から教わりました。

 

カタカナ英語の発音脱するには「見たり聞いただけ」ではなかなか真似できないもの。

 

実際、真似して発音してもその都度、息子から指摘されまくり。

 

結局彼らに近づく発音の出し方のポイントは

 

「口の形」と

「舌の位置」と

空気(息)の通し方」

 

これだけで驚くほど改善されました。

 

伝わり方が全然違います。

 

逆に言えば正しい音を出すにはこれらを知る事が必須なんだ!と痛感しました。

 

英会話は伝わってなんぼの世界。

 

フォニックスの難しいルールはさておきまず基本のアルファベットのAからZだけの音を修得するだけでも発音が劇的に変わります。

 

しかもこの覚え方なら忘れずに簡単。即応用できます。

 

ここではまずアルファベットのA紹介します。

 

アルファベットのAは3つの音がある

 

アルファベットAのフォニックス音は

 

 

短母音(a short A sound):

発音記号ではæの音

 

長母音(a long A sound):

発音記号ではeiの音

 

長めのaの音

発音記号ではの音

 

があります。

 

これを歌う感じで覚えてしまいます。

まず音を聞いてください。

(以前の小学生だった時の撮影から中学生に成長した声バージョンにアップデートしました。)

 

A has 3 sounds “æ” “ei” “aː”

 

A has three sounds /æ/ ei/a:/.

 

それでは順番に「音の出し方」と「単語例」をあげます。

短母音a(発音記号 /æ/ )の音の出し方

 

まずは短母音a(/æ/)の音の出し方を説明します。

前述しましたが息子は発音記号を習っていません。

 

アルファベットの持つフォニックスの短母音は、私達が習った発音記号だとæにあたります。

 

音の出し方

 

口の形

 

☆驚いて「あっ!」と声に出した時のように

口をやや広く開け,口角を引き上げます

唇を左右ともども上方向に引っ張る感じ

 

☆或いは、「ハ( ̄∇ ̄;)ハッハッハ」と

やや口を広げて声を出して笑った感じ。

 

舌の位置

 

 

下に位置し、

舌の周囲が下の歯の内側にくっついています。↓

☆発音した時、のどに手をあてて震えていればOK。

上記ポイントでæの音を発音してみて下さい。

/æ/ sound

 

短母音a(発音記号/æ/)の音の単語例

 

短母音a(/æ/) の単語例です。

一度、口の形を見て

発音を聞いて下さい。

/æ/ の単語例(apple, map, cap)

 

上記で紹介した音の出し方のポイント、

 

①口をやや大き目、口角を左右とも上に引き上げる。

②舌の周囲を下の歯の内側につける。

 

これで単語を一緒に発音してみて下さい。

 

お勧め教材”ネィティヴ発音”の仕方

 

この動画が分かり安く

「口の形、舌の位置、音の出し方、単語例」

まで一緒に練習できる内容でお勧めです。

Learn to Read | Digraph Short /ă/ Sound *Phonics for Kids*

 

長母音a(発音記号/ei/) の音の出し方

アルファベットのAの読み方の2つ目です。

フォニックス教材では

”a long A sound”(長母音A)

と言われます。

 

発音記号では /ei/にあたります。

音の出し方

 

口の形

/e/ で下唇が下に落ちます

 

 

 

/i/ と発音するときに口を左右に引っ張ります。

 

舌の位置

舌の位置は下の方。

自然と舌の周囲が歯の内側につきます。

 

 

👆大事なのは、/ei/と言う二重母音を「/e/👏/i/👏」と2音節で発音しないこと。

必ず「/éi/👏」とシラブル(音節)は1つで発音します。

 

*シラブルについてはこちらの記事で詳しく説明しています。

日本人の英語が伝わらない理由の1つ。英語圏の子達は"音節(Syllable - シラブル)を習う!これが英語発音リズムの基礎なのだと悟った!
英語が伝わらない理由は発音だけではない!発音の基礎にもなる音節(シラブル)を理解せず、カタカナ発音と日本語ビートで言うから。英語圏の子は4〜5歳でフォニックスを習い始め、6〜7歳から「syllables(シラブルズ)-音節」を習います。今すぐ伝わる英語に変身させよう!

 

上記ポイントで長母音a(ei)を発音してみて下さい。

/ei /sound updated

 

 

長母音a(発音記号/ei/)の音の単語例

 

長母音a(発音記号ei)の音を持つ単語例です。

まず口の形を見て発音聞いてください。

 

/ei/の単語例’(apron,april,cake)

 

上記に紹介した音の出し方のポイントで一緒に発音してみて下さい。

(口の形は変わりますが1音節で発音します。)

 

①/e/で下唇を落とす

②/i/で左右に口を引っ張る

 

お勧め教材ネィティヴ発音の仕方

上記と同様シリーズです。

Learn to Read | Digraph Long /ā/ Sound *Phonics for Kids*

 

 

 長めの “aː” の音の出し方

子ども向けのフォニックスでは上記の2つ、

短母音aの/æ/

長母音aの/ei/

が紹介されます。

 

Aのもう一つの音として息子の学校では長めの“aaを教わってきました。

(発音記号ではɑː)

 

音の出し方

 

口の形

 

あくびする時についつい大口開ける感じ。

短母音aの/æ/が「口角を左右とも上に引き上げる」なら、

こちらはに開ける感じ。

 

舌の位置

 

下に位置しています。

口を縦に開けて長めに「a:」と発音すると、舌は自然と後方に位置します。

 

長めの”a ”(発音記号aː)の音の単語例

 

発音記号/aː/の音を持つ単語例です。

まず口の形を見て発音を聞いてください。

 

/a:/の単語例(father, calm, almond)

 

上記にあげた音の出し方のポイントをもとに一緒に発音してみて下さい。

 

口をに開ける

舌は自然と下に位置し発音するとやや後方に位置。

”発音記号”で見るアルファベットAの発音の種類

さて、発音記号で見るとアルファベットAの単独の音はもっと複雑に分かれています。

その代表が æ、ə、aː、ei

の4種類。

 

これまで、そのうちの3種類/æ/ei/a:/ を紹介しました。

 

では 残りの/ə/の発音は?

 

短母音æ と ə の違い

 

息子が学校で習ってきたのは

短母音a=発音記号æの音。

そこで疑問!

 

私が発音記号で習ったəはどうなの?

例えば

agoのAの発音記号を見ると/ə/!

 

 

ə の音の出し方は?

そこで夫、息子も含めて発音記号を習っていない現地の人に聞きました。

 

すると、

 

mapのaの音である/æ/ほど

大きく口を開けないで短く言う! 😯

 

 

分かり安いような…

これと言ってポイントがないような??

 

当時の息子の担任の先生にも聞きました。

 

判明した事!

 

əの音は”schwaサウンド”と呼ばれ

曖昧な母音を意味します。

 

あくまでも

口元をリラックスした状態

で出すのが特徴!

 

だから

特別にフォニックス音としては

教えていない。

それらはサイトワード生活の中

自然と習得していくのです。

 

 

とは言えネィティヴの話す自然音”ə”ってどうやって発音するのか?

 

発音の専門家が教えてくれるəの音の出し方」を紹介します。

 

シュワサウンド/ə/の音の出し方

 

①口は軽く丸く開ける。

 

②舌は自然と真ん中に置く。

発音時、舌の真ん中辺りを口内中央におく。

(屋根にはつけない)

 

 

③この状態でəと短く発音。

 

単語例をあげると、

about, at, woman,arriveなど。

 

舌の位置については教材によって違い、特に指定せずに下の方に自然に位置する場合もあります。

 

息子や夫は自然派です。

下記のビデオがæとəの違いを分かり安く表現してくれています。

Difference between ə and æ : British English Accent

 

əの音は弱めに発音するのと、あくまで自然体でいいのでそんなに頑張って発音練習する必要もないかと。。。

 

ただ、最低限上記であげた

Aの3つの音

(短母音æ、長母音ei、ちょっと長めの

の口の形、舌の位置は練習しまくった方がいいです。

 

この3つのAを「口の形」を変えるだけでも伝わり方が断然違ってきます。

アルファベットAは”O”の音になる時もある

さてここまでは息子が学校で習ってきた

「アルファベットAには”3つの音”がある」事

我々が発音記号で学んだ

「Schwa sound」(シュワサウンド)のəを紹介しました。

 

そこで次なる疑問。

 

 

all, Ball, Callとか

audio とかawfulとかwashとか

Aがオーっぽい(発音記号ɔ:発音になる場合は?

一体どうやって習うの?

 

 

と聞いてみました。。

イギリス英語の場合です。)

 

al や wa はサイトワードに出てくる単語

(All, Call, Ball, Washなど)で覚えた。

 

auとaw(共に同じ発音ɔ:)は

2つの文字フォニックスで学んだ。

 

 

 

つまり、1文字だけのフォニックスを習った後は、2文字のフォニックス、そして3文字、4文字、、、とレベルアップしていくんです。

 

平行して、フォニックスでは発音が難しい単語は「サイトワード:sight words」として、見てすぐ発音できるように毎週レベルごとに宿題、テストがありました。

 

(学校によっては「al 」や 「wa」を特殊な分類のフォニックスとして教えている場合もあります。)

 

 

⭐️せっかくなので、ここで簡単に/ɔː/の発音の仕方も紹介しておきます。

①口は丸く開け

②舌は下、後方におき

③/ɔː/ と長めに発音する時に唇をやや突き出します。

 

The /ɔ:/ Sound.

 

 

 

お勧めフォニックス教材

英語の発音はカタカナの発音と全く違う音。

口の形、舌の位置、息の出し方を知って初めて「英語の音」に近づく事を痛感しました。

 

息子が学校で習ってきたフォニックスの音の出し方と比較的同じ内容の教材を紹介します。

 

 

 

 

次回は

アルファベットBのフォニックス

を紹介します。

海外で習うフォニックスはこんな感じ。アルファベットBの音の出し方。
海外で習うフォニックスの紹介です。「B has one sound /b/.」と九九を覚えるように口ずさんで覚えます。口の形、舌の位置、息の出し方など息子が学校で習ってきた分かり安い方法とネィティヴの発音の仕方を動画付きで説明します。
タイトルとURLをコピーしました