海外で習うフォニックスはこんな感じ。アルファベットHは1つの音。

海外で習うフォニックスはこんな感じ

アルファベットH」の番です。

 

同じく息子がプレップ時代に習ってきた覚え方がとても分かり安かったので紹介します。

 

アルファベットの音英語特有の音の出し方です。

 

アルファベットHは1つのフォニックス読み。

 

同じく口ずさむ感じで覚えてしまいます。

 

H(h) has 1 sound /h /.

 

まずは口元を見て音を聞いてください。

H has 1 sound /h/.

それでは音の出し方と単語例をあげます。

 音の出し方

口の形と舌の位置

 

☆/h/の口の形は「絶対これ」と固定されてなく、次にくる音によって変わります。

☆舌は下の方で自然とリラックス状態。

ため息をつくように息を「舌と口内の屋根の間」に通す。

 

 

 

 

 

☆口の前に手をあてて息を感じるかチェック。

 

 

 

 

☆/h/と発音した時、喉が震えていなければOK!

 

カタカナ読みで「ハッ」と言うと喉が震えるので違いが分かるはず。

 

一緒にため息/h/の音を出してみて下さい。

 

h sound

 

 

単語例

 

フォニックス/h/の単語例です。

ため息をつくように息を吐き出して発音してみて下さい。

口の形は次にくる音に合わせます。

hの単語例:hello, hot, he, how

hello, hot, he, how

 

カタカナ発音を脱した息を意識」した音にするだけで見事に英語発音らしく生まれ変わったと思います。

ウキウキしてきましたね!

お勧め教材ネィティヴ発音の仕方

イギリスの学校の先生が分かり安くフォニックス発音の仕方と単語例をあげてくれます。

The /h/ phoneme – Mr Thorne Does Phonics

まとめ

アルファベットHのフォニックス音は発音記号に出てくる/h/と同じ発音。

 

カタカナ読みで「ハッ」と言わず、ため息、若しくはささやくように言います。

 

☆手を口元にあてて息が届けばOK.

 

これだけでカタカナ発音の「ハァッ」からため息的な息の通る/h/の本来の音に近づいたと思います。

 

これでアルファベットHの単語例を発音すると何だかとっても素敵な発音に変化!

 

☆日本のフォニックスお勧め教材☆

日本語発音と全く違う英語のフォニックス。

 

見よう見まねだけではなかなか出せません。

 

息子が現地校で習ってきた「音の出し方」を徹底的に聞きまくって教わりました。

 

口の形

舌の位置と歯の開閉

息の通し方

 

これらを知ることで「英語の音」に近づきます。

 

教わった音の出し方と比較的似た丁寧な説明をしている日本の教材を紹介します。

 

 

次回は

アルファベットIのフォニックスを紹介します。

海外で習うフォニックスはこんな感じ。アルファベットiは2つの音。
海外で習うフォニックスの紹介。アルファベットiには短母音(発音記号i)と長母音(発音記号ai)の2つのフォニックス読みがあります。「I has two sounds /i/ and /ai/.」と口ずさむように覚えます。ネィテイヴによる音の出し方を動画で説明しています。

 

タイトルとURLをコピーしました