海外で習うフォニックスはこんな感じ。アルファベットMは1つの音。

海外で習うフォニックスの紹介です。

息子が4歳から5歳の時にプレップ(小学校準備学級)で習ってきた

アルファベットAからZの覚え方が何とも覚えやすい!

 

とても感動して私も一緒に教えてもらいました。

 

has one sound /b/.」

九九を覚えるように口ずさみます。

 

英語を母国語としない我々にとって「見よう見まね」だけでは正しい音が出せない事を痛感!

 

口の形、舌の位置、歯の開閉含めて分かり安く紹介します。

 

今回はアルファベットの番です。

 

アルファベットMは1つのフォニックス読み/m/.

アルファベットMのフォニックス/m/の1つの音だけです。

発音記号/m/の音。

 

これもカタカナ発音と全く違う音の出し方をするので、英語を母国語としない人にとってハードルの高い発音です。

 

ポイントはから音を出す事。

 

現地の子供達も先生が特に注意深くこの“鼻音”の出し方を教えています。

 

それでは今回も同じように口ずさむ感じで覚えます。

 

has one sound /m/.」

 

まず口もとを見て音を聞いて下さい。

M has 1 sound /m/.

 

/m/ の音の出し方

 

鼻音の出し方はその名の通り鼻から空気をだすと出る音

口の形

①唇を中へ入れて閉じる。

②その状態で/m/とハミングする。

 

☆指で鼻をつまんで震えていればOK!

 

 

ポイント

口を閉じて空気を遮断し、鼻から空気を出す

☆音を出す時に上下の唇を互いに押し付ける!若しくは歯に押し付ける。

 

 

では一緒に発音してみて下さい。

mの音

単語例

アルファベットMのフォニックス、単語例です。

 

上下の唇を押し付け、ハミングする感じで発音してみて下さい。

 

Make, oney,family,from

アルファベットMの単語例

 

上記にあげた単語例の「make」をカタカナ読み「メイク」と発音すると

イク」とどうしても母音がついてまわります。

 

それを脱して今までの修得したフォニックスの発音で、丁寧に音を出してみて下さい。

 

(発音記号 m):

唇を中に引き込んで鼻からハミング

 

(発音記号ei) :

①下唇を落として/e/

②口を左右に引っ張って/i/

*アルファベットAのフォニックスの記事はこちら

海外で習うフォニックスはこんな感じ!アルファベットAの3つの音。
現地で習うフォニックス習得法をご紹介。「A has three sounds ....♬」と口ずさみながら覚えられるので忘れません!息子が学校で教わった方法とネィティヴの発音法を口の形、舌の位置、単語例を含めて動画付きで説明します。

 

(発音記号):

①口を半開きにし、歯は閉じない。

②舌の真ん中から後ろを口内の屋根につけて

喉の奥から/k/と音を出す。

アルファベットKはこちらの記事で紹介

海外で習うフォニックスはこんな感じ。アルファベットKは1つの音。
海外で習うフォニックスの紹介です。息子がプレップ(4歳から5歳)の時に習ってきた覚え方がとても分かり安くて感動。「K has one sound /k/.」と九九を覚えるように覚えます。口の形や舌の位置を含めた音の出し方をネィティヴの動画付きで説明しています。

 

 

☆最後のは“サイレントe”で発音しない。

 

どうでしょうか!

全く違う英語の発音になったと思います。

 

お勧め動画ネィティヴの発音の仕方

 

ネィティヴ先生による音の出し方を唇、鼻からの音の出し方含めて丁寧に動画で説明してくれています(動画での説明は詳細文にも記載)

 

ポイントは、上記にあげたのと同じで

 

唇を互いに押し付ける。

口からの空気を遮断して鼻から出す。

 

単語例もそれぞれ最初、真ん中、最後にMがくる場合を紹介してくれています。

 

The /m/ Sound

 

まとめ

アルファベットのフォニックスは/m/の一つだけ。

鼻音と呼ばれる難しい発音の一つです。

 

カタカナ読みで「ムゥ」と言わず

 

①唇を閉じて上下を互いに押し付ける

(空気を遮断)

 

②鼻から空気を出してハミングする。

 

少し唇を歯に押し付けると音が出しやすいと言われます。

 

カタカナ読みでと言うと唇を中に引き込むどころかその全く逆!

 

口がタコチューになってしまい、「ムゥ」とどうしても母音のゥの音がついてまわります

 

空気も口から出て「英語の音/m/の鼻音」にはなりません。

 

この唇を引き込んでハミングする感じで「M」のつく単語を発音すると、何とも英語発音に劇的変化!

 

毎日使う単語、

Morning”

Mummy”

など一杯鼻音しまくりましょう。

お勧めフォニックス教材

日本語発音と全く違う英語のフォニックス。

 

見よう見まねだけではなかなか出せません。

 

私は息子が現地校で習ってきた「音の出し方」を徹底的に聞きまくって教わりました。

 

口の形

舌の位置と歯の開閉

息の通し方

 

これらを知ることで英語の音に近づきました。

 

何といっても通じてなんぼの世界

 

ど田舎暮らしが始まった時、今まで通じていたつもりの英語が通じない苦しみをさんざん味わい、どうにかしないと。。。ともがきまくった果てに息子や先生から教わったフォニックス。

 

小学生に教えるので分かり安いし覚え易く今でも毎日練習しています。

 

そうするうちに自然と口の形や舌の位置が慣れてきます。

 

そして何より通じるようになった喜び!

 

逆に言えば、この口の形や舌の位置、息の出し方を知らずに「見よう見まねだけで発音」している

うちは正しく音が出せないと遅ればせながら悟りました。

 

教わった音の出し方と比較的に似た丁寧な説明をしている日本の教材を紹介します。

 

 

次回はアルファベットNのフォニックス

海外で習うフォニックスはこんな感じ。アルファベットNは1つの音。
海外で習うフォニックスの紹介です。「N has one sound /n/.」と九九を覚えるように口ずさみます。息子が学校で習ってきたフォニックスの覚え方、音の出し方とネィティヴ先生による説明を口の形、舌の位置、空気の出し方、単語例を含めて動画付きで分かりやすく説明します。

を紹介します。

 

 

タイトルとURLをコピーしました