海外で習うフォニックスはこんな感じ。アルファベットNは1つの音。

海外で習うフォニックスの紹介です。

 

息子が4歳から5歳の時にプレップ(小学校準備学級)で習ってきたアルファベットAからZの覚え方が何とも覚えやすい!

 

とても感動して私も一緒に教えてもらいました。

 

has one sound /b/.」

九九を覚えるように口ずさみます。

 

英語を母国語としない我々にとって見よう見まねだけでは正しい音が出せない事を痛感!

 

口の形、舌の位置、歯の開閉含めて分かり安く紹介します。

 

今回はアルファベットNの番。

 

前回紹介したアルファベットと同様これも鼻から空気と音を出す鼻音です。

 

アルファベットNは1つのフォニックス読み/n/.

アルファベットNのフォニックスは/n/の1つの音だけです。

発音記号/n/の音。

 

これもカタカナ発音と全く違う音の出し方をするので英語を母国語としない人にとって、ハードルの高い音です。

 

ポイントは

鼻から音を出す事と舌の位置

 

現地の子供達も先生が特に注意深くこの“鼻音”の出し方を教えています。

 

まず口元を見て音を聞いて下さい。

(息子、この時歯の矯正中です!カラフルな歯元が登場しますが失礼いたします。)

 

「N has one sound /N/.」

n has 1 sound /n/

音の出し方

 

鼻音の出し方はその名の通り

鼻から空気をだすと出る音

 

これはの両方に共通する事です。

 

違い口の形と舌の位置

 

Mの時

口をしっかり閉じて

唇上下を中に引き込みました

 

Nは口は開きます

 

口の形と舌の位置

①半開きで舌の先端を

上の前歯の後ろにつける。

 

 

②その状態で鼻から空気と音を出す。

 

*鼻であしらう時に

「フン」と鼻先で音を出す感じ

に似てます。

 

若しくはハミングする感じ。

 

☆ポイント

*ちょっと不細工な表情になりますが 😳

/n/と音を出す時に

上の唇を鼻へ近づける

鼻音が出やすいです。

 

動画でもう一度/n/の音の出し方を

一緒に練習して下さい。

/n/sound

 

鼻をつまんで震えていればOK!

単語例

アルファベットNのフォニックスの単語例です。

 

舌の先端を上の歯の後ろに押し付け

 

上唇を鼻に近づけて鼻から空気と音を出しハミングする感じで発音して下さい。

 

nail, nine, moon, London

アルファベットNの単語例

いかがでしたか?

 

私はフォニックスで一番感動した音がこのでした。

 

それまでいつも

M(ém) と N(én) の発音を指摘されて見よう見まねしても出せない!

 

ところがフォニックスでそれぞれの持つ「音の出し方」を習って目から鱗でした。

 

例えば上記であげた単語例の

“men”カタカナ発音で”メン”と言うと

 

“m”も”n”も鼻音にならず、最後の”ン”と言う時は完全に口が閉じてしまいます

英語の鼻音とはかけ離れています。

 

これをフォニックス読みをもとに発音を丁寧に

 

(発音記号m):

 

唇上下を中へ引き込んで

/m/とハミング

 

アルファベットMのフォニックス

こちらの記事。

海外で習うフォニックスはこんな感じ。アルファベットMは1つの音。
海外で習うフォニックスの紹介です。「M has one sound /m/ .」と九九を覚えるように口ずさみます。これは息子が学校で習ってきた覚え方です。音の出し方のポイントは鼻から空気をだしてハミングする感じ。単語例も含めてネィティヴによる分かり安い音の出し方を動画付で説明します。

 

E(発音記号e):

①やや微笑んだ口の形

口角を左右に引く

 

舌を前方高めに置いて

短く/e/と発音。

 

アルファベットEのフォニックス読み

短母音/e/の記事はこちら

海外で習うフォニックスはこんな感じ。アルファベットEは2つの音/e/と/i:/。
海外で習うフォニックスの紹介。アルファベットEのフォニックス読みは短母音e(発音記号/e/)と長母音e(発音記号/i/)の2つ。「E has two sounds /e/ and /i/.」と口ずさんで覚えます。息子が学校で習ってきた方法とネィティヴの発音法を動画付きで紹介します。

 

 

(発音記号n):

 

舌の先端を上の歯の後ろにつけ

②上の唇をやや鼻へ近づけて

鼻から音を出す

 

すると音が劇的に変化したと思います。

 

お勧め動画、ネィティヴの発音の仕方

この先生は熱血派です。

鏡持参で舌の位置を教えてくれます。

口の形も参考になります。

(ポイントは上記説明したのと同じ)

Teaching the letter N sound

 

 

まとめ

アルファベットNのフォニックスは//の一つだけ。

 

鼻音と呼ばれる難しい発音の一つです。

 

カタカナ読み「ㇴ」と言わず、

 

①舌の先端を前歯の後ろにつける

(空気を遮断)

 

鼻から空気を出してハミングする。

 

カタカナ読みでと言うと口がタコチューになって

「ㇴ」とどうしても母音のゥの音がついてまわります。

 

空気も口から出て英語の音/n/の鼻音にはなりません

 

アルファベット読みでMとNを発音する時にも

最後の音の出し方を特に注意して鼻音にしましょう。

 

どちらも口からの空気を遮断します。

 

アルファベットem)の発音

☆/m/の発音時に

上下の唇を中へ引き込み鼻音。

 

アルファベットen)の発音:

☆/n/の発音時に

舌の先端を上の歯の後ろに

つけて鼻音。

 

お勧め日本のフォニックス教材

日本語発音と全く違う英語のフォニックス。

 

見よう見まねだけではなかなか出せません。

 

息子が現地校で習ってきた音の出し方を徹底的に聞きまくって教わりました。

 

口の形

舌の位置と歯の開閉

息の通し方

 

これらを知ることで英語の音に近づきます。

 

教わった音の出し方と比較的に似た丁寧な説明をしている日本の教材を紹介します。

 

次回はアルファベットOのフォニックス

を紹介します。

海外で習うフォニックスはこんな感じ。アルファベットOは3つの音。
海外で習うフォニックスの紹介です。今回はアルファベットOの番。息子が学校で習ってきた発音方法と覚え方が何とも分かりやすく「A has three sounds....」と九九を覚えるように口ずさみます。ポイントは口の形、舌の位置、息の吐き方。ネィティヴ先生の発音方法もあわせて音の出し方を分かり安く動画付きで説明します。

 

タイトルとURLをコピーしました