海外で習うフォニックスはこんな感じ。アルファベットQuは1つの音。

海外で習うフォニックスの紹介です。

息子が4歳から5歳の時にプレップ

(小学校準備学級)で習ってきた

アルファベットからのフォニックス

の覚え方が何とも分かり易い!

 

とても感動して私も先生や息子から

教えてもらいました。

 

has one sound /b/.」

九九を覚えるように口ずさみます。

 

英語を母国語としない我々にとって

見よう見まねだけではなかなか

正しい音が出せない事を

誰よりも痛感している私自身が

これなら即実践出来て何よりも

分かり安く覚えやすいと実感。

 

教わった口の形、舌の位置、歯の開閉

含めて分かり安く紹介します。

 

今回はアルファベットQの番。

 

このアルファベットQの特徴は

英語起源の単語の場合

Qのアルファベットの直後には

必ず“U”がきてQUとなります

 

例えば“queen” “quiet”など。

 

なので先生は

“QU”セットのフォニックス読みを

教えていました。

 

英語圏の子ども向けフォニックス動画を

見てもアルファベットQの音は

この“QU”セットの音です。

 

それでは“QU”のフォニックス読み、

音の出し方を紹介します。

 

アルファベットQUのフォニックス読みは1つ /kw/

 

アルファベットQUのフォニックス読みを

発音記号で書くと/kw/

 

これは/k/と/w/が一緒に

くっついた音です。

 

まず口元を見て音を聞いて下さい。

 

Qu has 1 sound /kw/.

Qu has 1 sound /kw/.

 

/kw/ の音の出し方

 

前述しましたが/kw/は

/k/と/w/がくっついた音。

 

なのでまずこのそれぞれの

音の出し方をみていきます。

 

発音記号/k/の音の出し方

 

まずは発音記号/k/の音から説明します。

この音は

アルファベットアルファベット

のハード音で紹介しました。

 

おさらいすると、

 

①舌の後方を口内屋根につける。

②舌を放す時に/k/と無声音をだす。

 

☆詳細は

アルファベット(記事はこちら)

海外で習うフォニックスはこんな感じ。アルファベットCは2つの音。
海外で習うフォニックスを紹介。アルファベットCは/k/と /s/の2つのフォニックス読みがあります。「C has two sounds /k/ /s/.」と九九を覚えるように口ずさむ感じで覚えます。息子が学校で習ってきた方法とネィティヴの発音法を口の形、舌の位置、単語例など動画付きで説明します。

 

アルファベット(記事はこちら)

海外で習うフォニックスはこんな感じ。アルファベットKは1つの音。
海外で習うフォニックスの紹介です。息子がプレップ(4歳から5歳)の時に習ってきた覚え方がとても分かり安くて感動。「K has one sound /k/.」と九九を覚えるように覚えます。口の形や舌の位置を含めた音の出し方をネィティヴの動画付きで説明しています。

 

発音記号/w/の音の出し方

次は/w/の音です。

①口を小さくすぼめ、

舌を高めにおいた状態で

/w/の音

 

②自然と口を元に戻す。

 

まずこちらの動画をご覧ください。

w sound – Mr Thorne Does Phonics

 

発音記号/kw/の音の出し方

ではいよいよ/k/と/w/がくっついた音の出し方です。

 

①まず/k/の音の準備の為、

 舌の後方を口内屋根につける

 

②舌を屋根につけた状態で

次にくる/w/の音を出すために

口の形をやや小さくすぼめる。

 

③この状態で舌を放す時に/k/の発音

 

④即座に口をタコチューのように

 突き出し/w/の音

 

⑤口を自然ともとに戻す。

 

では一緒に音を出してみて下さい。

kw sound

 

アルファベットQUの音(発音記号kw)の単語例

アルファベットQuの単語例です。

上記ポイントの

 

舌の後方を屋根につけ

口を小さくすぼめて/k/

 

②即座にタコチューにして/w/

 

③自然と口を戻す

 

これで発音してみて下さい。

アルファベットQuの単語例

question, quite, quality, quick

まとめ

アルファベットQUのフォニックス読み

は発音記号/kw/の音。

 

これをカタカナ読みで

「クワッ」と言ってしまうと

「ク」と母音がついて

まわります。

 

英語特有のハード音、/k/の無声音

/w/の口をすぼめて出す細い空気の通

り道でかなでる音にはなりません。

 

特に/k/も/w/も日本語の出し方と

かけ離れているので少し練習するだけで

改善された英語発音に変化します。

 

Qu(発音記号kw)の音、ネィティヴ動画

イギリスの先生によるフォニックス動画です。

The /qu/ Mr Thorne Does Phonics

 

お勧め日本のフォニックス教材

日本語発音と全く違う

英語のフォニックス。

 

見よう見まねだけでは

なかなか出せません。

 

息子が現地校で習ってきた音の出し方を

徹底的に聞きまくって教わりました。

 

①口の形

②舌の位置と歯の開閉

③息の通し方

 

これらを知ること

英語の音に近づきます。

 

教わった音の出し方と比較的に似た

丁寧な説明をしている日本の教材を

紹介します。

 

 

次回はアルファベットRのフォニックス

を紹介します。

海外で習うフォニックスはこんな感じ。アルファベットRの音。
海外で習うフォニックスの紹介です。息子がプレップで習ってきた音の出し方と覚え方が何とも分かり安くて感激。「B has one sound /b/, C has two sounds /k/ and /s/......」と九九を覚えるように口ずさんで覚えます。今回はアルファベットRのフォニックスの音の出し方です。口の形、舌の位置や息の通し方を動画付きで分かり安く説明します。

 

タイトルとURLをコピーしました