海外で習うフォニックスはこんな感じ!アルファベットSは2つの音。

海外で習うフォニックスの紹介です。

息子が4歳から5歳の時にプレップ

(小学校準備学級)で習ってきた

フォニックスの習得法」が何とも

分かり安くて覚えやすい!

 

現地の子供たちはこうして発音の仕方

を覚えるんだ!

と目から鱗状態でした。

 

A has three sounds …..

B has one sound…..」

 

九九を覚えるように口ずさんで覚える

ので何度も繰り返すうちに

口の形、舌の位置、息の吐き方

が自然と身についていきます。

 

英語は通じてなんぼの世界。

 

私も一緒に教えてもらって

発音大改革をしました。

 

今回は“アルファベットS”の番です。

 

アルファベットSのメインの音は2つ、“S”と”Z”

アルファベットSのメインとなる音は

“無声音”のS(発音記号//)

“有声音”のZ(発音記号//)

の2つです。

 

この他にも2つ、

発音記号/ʃ/(例:sugar)

発音記号/ʒ/(例:usually)

の音があります。

 

まずメインとなる

////の音から説明します。

 

この“S”(発音記号/s/)の音は

アルファベットCのソフト音

と同じです。

 

(アルファベットCのフォニックス音

はこちらの記事)

海外で習うフォニックスはこんな感じ。アルファベットCは2つの音。
海外で習うフォニックスを紹介。アルファベットCは/k/と /s/の2つのフォニックス読みがあります。「C has two sounds /k/ /s/.」と九九を覚えるように口ずさむ感じで覚えます。息子が学校で習ってきた方法とネィティヴの発音法を口の形、舌の位置、単語例など動画付きで説明します。

 

では//と//の音を聞いてください。

「S has two sounds “s”  ‘’z’’ .」

S has two sounds /s/ & /z/.

無声音/s/の出し方

前述しましたが

無声音/S/の音の出し方は

アルファベットのソフト音

と同じです。

 

口の形

 

 

 

口角をやや左右に開き

半開きのまま歯を閉じる。

 

舌の位置と息の通し方

 

 

閉じた歯の裏側中央に舌の先端を置き、

(歯に接触しない)

そのままの状態で息(空気)を歯の

隙間から外へ通す。

 

すると「歯擦音」が出ます。

これこそ無声音/s/の発音

 

では一緒に

s sound

 

無声音/s/の単語例

アルファベットSのフォニックス、

無声音/s/の単語例です。

 

ビデオと一緒に練習する前に

再度おさらいします。

 

①歯を閉じる。

②口を半開きにしやや口角を

左右に引っ張る。

③舌の先端を歯の裏側に

リラックスした状態で置き

(歯にはつけず)

④息を歯の隙間から外へ通す。

 

この時、喉は震えず無声音です。

この方法で単語を発音してみて下さい。

アルファベットSのフォニックス、無声音/s/の単語例 see, sit, Sydney,some

 

有声音/z/の音

次に有声音の音の出し方です。

 

無声音Sと

口の形舌の位置息の通し方

同じ違いは音を出すか出さないか

 

Sの音が蛇の音に例えられるような

「歯擦音」なら

Zはハチがブンブン飛ぶような音

のイメージです。

アルファベットSのフォニックス、有声音/z /

有声音/Z/の出し方

では実際に音の出し方を説明します。

 

口の形や息の通し方はSと同じなので

省略します。

 

ポイントは

閉じた歯の隙間から外へ息を通す時に

喉を震わせて音を出すこと。

 

少し舌の先端を

上の歯茎に近づける

と出やすいです。

有声音/Z/の単語例

アルファベットSのフォニックス、

有声音/z/の単語例です。

 

もう一度おさらいします。

 

①歯を閉じる。

②口を半開きにし

口角をやや左右に引っ張る。

③舌を閉じた歯の裏側に

リラックスした状態で置き

(歯にはつけない)

④息を歯の隙間から外へ通すときに

 喉を震わせて音をだす

 

この方法で一緒に発音して下さい。

アルファベットSのフォニックス、有声音/z/の単語例 as, always, because, dessert

 

ネィティヴによるSとZの音の出し方のコツ

発音記号/s/と/z/の音の出し方を

非常に分かりやすく説明した

サイトです。

音の出し方は先に説明したのと

同じ方法です。

/s/ & /z/ Articulation Instructions

アルファベットSの持つ他2つの音/ʃ/と/ʒ/

次にメイン以外の他2つ、

無声音/ʃ/有声音/ʒ/を説明します。

まず音を聞いてください。

 

「S has other sounds /ʃ/ /ʒ/.」

S has other sounds /ʃ/ /ʒ/.

無声音/ʃ/の出し方

では発音の仕方を説明します。

 

口の形

ずばりタコチューです。

歯は閉じます。

 

舌の位置と息の通し方

舌の先端を

閉じた歯の裏側に

リラックスした状態で置き

(歯には付けず)

歯の隙間から息を外に通します。

 

無声音で喉は震えません。

 

無声音/ʃ/の単語例

 

アルファベットSのフォニックス、

/ʃ/の音を持つ単語例です。

 

無声音/s/との違いは口の形だけです。

 

口をタコチューにするだけで

自然とこの/ʃ/の音になります。

 

口を突き出して

息を歯の隙間から通すと

英語発音に見事に変化します。

 

これを意識してビデオと一緒に

単語を発音して下さい。

 

アルファベットS のフォニックス、/ʃ/の単語例 sure,sugar,pressure, short

 

有声音/ʒ/の出し方

 

最後に有声音/ʒ/の説明です。

無声音/ʃ/との違いは

喉を震わせて音を出すか出さないか

 

今回は音を出します。

 

歯を閉じて口をタコチューにし

舌の先端を歯の裏側において

息を歯の隙間から外へ通す時に

喉を震わせて音を出します

有声音/ʒ/の単語例

 

アルファベットSのフォニックス、

有声音/ʒ/の単語例です。

 

単語を発音する前に

再度おさらいです。

 

①歯を閉じる。

②舌の先端を閉じた歯の裏側に置く。

(歯には付けない)

③口をタコチューにして

④息を歯の隙間から通すときに

 喉を震わせて音を出す。

 

アルファベットSのフォニックス、発音記号/ʒ/の単語例pleasure, usually, decision

まとめ

アルファベットのSのフォニックス

も日本語にはない音。

 

第一、口の形や歯を閉じて隙間から

息を通すなど日本語を話す時に意識する

ことはほぼありません。

 

これを知らずに発音の真似だけしても

やはり通じない悲劇が起こります。

 

例えばカタカナ発音で

ドニー(Sydney)」

ンプル(sample)」

と言ってしまうと通じません。

 

日本語のサ行も発音する時に

歯に空気が当たる「歯擦音」がでますが

母音が残ってしまうのです。

 

でも口の形を意識し、歯の隙間から

息を通すコツをつかむと

驚くほど英語の発音へ!

 

アルファベットSのフォニックスは全て

 

歯を閉じる

舌の先端を閉じた歯の裏側に置く

歯の隙間から息を外へ通す

 

これが共通点です。

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました