海外で習うフォニックスはこんな感じ。アルファベットGには2つの音。

海外で習うフォニックスの紹介です。

息子が4歳から5歳の時にプレップ(小学校準備学級)で習ってきた「アルファベットA~Zのフォニックス」の覚え方が何とも覚えやすくて感動。

 

九九を覚えるように口ずさみます。

 

非常に私にも分かり安かったのと一度覚えると忘れない!

 

アルファベットAから順番に記事にしてきましたが今度はアルファベットGの出番です。

 

では順番に紹介します。

 

アルファベットGには2つのフォニックス読みがある。

 

これも口ずさむ感じで覚えます。

まず口元をみて音を聞いて下さい。

(この時息子は矯正中。カラフルな歯元が登場しますが失礼します。)

 

G has 2 sounds “g” (発音記号)and “ʤ”(発音記号)

G has 2 sounds /g/ and /ʤ/

ハード音 g(発音記号/g/) の音の出し方

まず /g/ です。発音記号g の音。

 

/g/ の音の出し方

アルファベットCのフォニックス読み、ハードCの音(/k/)で紹介したのを思い出してください。

 

海外で習うフォニックスはこんな感じ。アルファベットCは2つの音。
海外で習うフォニックスを紹介。アルファベットCは/k/と /s/の2つのフォニックス読みがあります。「C has two sounds /k/ /s/.」と九九を覚えるように口ずさむ感じで覚えます。息子が学校で習ってきた方法とネィティヴの発音法を口の形、舌の位置、単語例など動画付きで説明します。

 

口と舌の位置は同じですがハードCの音、/k/の発音は無声音

 

こちらの/g/は有声音です。

 

舌の位置と口の形

舌の後方部分を口内屋根に押し付け、空気を遮断します。

 

 

 

 

 

②口は半開きです。

 

 

 

 

③空気を遮断していた舌を放して/g/と言い、息を吐き出します。

 

この時、やや唇を外に押し出して音を出す感じ。

 

☆発音した時に喉元が震えていればOK.

では一緒に

ハード音/g/

 

 ハードg(発音記号g)の音の単語例

ハードgの単語例です。

舌の後方部を口内屋根につけて言ってみて下さい。

 

good, girl, going, get

ハード音/g/の単語例

お勧めビデオ、ネィティヴ発音の仕方

 

分かり安く口の形、舌の位置、音の出し方(中ごろにでてきます)単語例まで一緒に練習できる内容でお勧めです。

Learn to Read | Digraph Hard /g/ Sound *Phonics for Kids*

 

ソフト g(発音記号/ʤ/)の音の出し方

次はソフトGのフォニックス読みです。

発音記号ではʤの音にあたります。

 

ちなみに英語圏の学校では発音記号は習いません。

 

なので子供向け海外サイトでは我々が習った発音記号ʤ の代わりにJ sound”と記載している場合があります。

 

つまりこれは、アルファベットJのフォニックスの音と同じ

 

ここで紹介する「アルファベットG」のフォニックス読み”ソフトg”と呼ばれる音は

アルファベットJのフォニックスの音と同じです。

 

音の出し方

 

口の形

①まず、口の形から。

唇の内側を外へ押し出す。

 

 

 

舌の位置

②歯を軽く閉じた状態で

③舌を上の前歯の後方辺り口内の屋根につける。

 

④舌を放す時に/ʤ/と言って息を吐き出す。

 

では上記のポイントで/ʤ/の音を動画と一緒に発音してみて下さい。

ソフト音/ʤ/

 

 

ソフトg(発音記号ʤ)の音の単語例

ソフトg(発音記号ʤ)の単語例です。

唇をタコチューにして舌を前歯の後ろの屋根につけてから言ってみて下さい。

 

giant, germ, ginger, gentle

ソフト音/ʤ/の単語例

お勧めビデオ、ネィティヴ発音の仕方

ネィティブ先生による音の出し方。

舌の位置や息の通し方を分かり安く見せてくれます。

 

ポイントは上記で説明した内容と同様ですが

 

舌を前歯後方の口内屋根につけて空気を遮断

舌を放す時に/ʤ/と言って空気を出す

 

動画の説明は詳細文にも記載されています。

 

単語例ではここであげた/ʤ/の音を持つ「アルファベットの両方をとりあげています。

 

The /ʤ/ sound

まとめ

アルファベットGのフォニックス読みは

ハード/g/(発音記号g

ソフト /g/(発音記号ʤ

の2つ。

 

☆ハード/g/はカタカナでグッと言わず

舌の後方部分を口内屋根に付ける所が

ポイント。

空気を遮断します。

 

もしカタカナで「グッ」と言うと空気がそのまま吐き出され、口の形も最初から最後までタコチュー状態になってしまいます。

 

☆ソフト/g/もカタカナで「ジェッ」と言わず、こちらは思いっきり唇をタコチューみたいに外側に押し出し、

 

 

 

 

 

歯を閉じた状態で舌を前歯の後ろ辺り、口内屋根に付ける事がポイントです。

 

☆お勧め日本のフォニックス教材☆

日本語発音と全く違う英語のフォニックス。

 

見よう見まねだけではなかなか出せません。

 

息子が現地校で習ってきた「音の出し方」を徹底的に聞きまくって教わりました。

 

口の形

舌の位置と歯の開閉

息の通し方

 

これらを知ることで英語の音に近づきます。

 

教わった音の出し方と比較的に似た丁寧な説明をしている日本の教材を紹介します。

 

次回はアルファベットHの出番です。

海外で習うフォニックスはこんな感じ。アルファベットHは1つの音。
海外で習うフォニックスの紹介。アルファベットHは/h/のフォニックス読み1つ。「H has one sound /h/.」と口ずさむように覚えます。ネィティヴの分かり安い音の出し方、単語例を動画で紹介しています。ため息をつくように音をだすのがポイント!

 

 

タイトルとURLをコピーしました