海外で習うフォニックスはこんな感じ。アルファベットKは1つの音。

海外で習うフォニックスの紹介です。

 

息子がプレップ(4歳から5歳)の時に習ったフォニックスのうち、基本のアルファベットAからZの覚え方がとても分かり安くて感動しました。

 

九九を覚えるように口ずさみます。

 

繰り返すうちに自然と口や舌の位置が慣れてきて驚くほど英語発音に近づきます。

今回はアルファベットKの出番!

 

これは既に先に紹介した”アルファベットC”のフォニックス

”ハードC”の音と同じです。

 

海外で習うフォニックスはこんな感じ。アルファベットCは2つの音。
海外で習うフォニックスを紹介。アルファベットCは/k/と /s/の2つのフォニックス読みがあります。「C has two sounds /k/ /s/.」と九九を覚えるように口ずさむ感じで覚えます。息子が学校で習ってきた方法とネィティヴの発音法を口の形、舌の位置、単語例など動画付きで説明します。

 

復習のつもりで見て下さい。

 

アルファベットKは1つのフォニックス読み/k/.

アルファベットKのフォニックスは/k/の1つの音だけです。

発音記号/k/の音。

 

先にも述べましたがアルファベットCのフォニックス、ハードCと同じ音です。

 

そうです!

舌の真ん中から後方を口内の屋根に付けて空気を遮断です。

 

「K has one sound /k/.」

いつものように口ずさむように覚えます。

まず口元を見て音を聞いてください。

K has 1 sound /k/

 

音の出し方

口の形と舌の位置

 

①半開きにする。歯は閉じない。

 

②舌の真ん中から後方を口内の屋根につける。

(空気を遮断)

 

③屋根につけた舌を放す時に喉の奥から/k/と息を吐く。

☆発音した時に喉は震えません。(無声音)

 

このポイントで一緒に発音してみて下さい。

/k/ soound

単語例

アルファベットKのフォニックスの音/k/の単語例です。

 

口を半開きにし、舌の後方を屋根につけて放す時に「喉の奥」から息を吐いて発音してみて下さい。

尚、kickのckも同じ/k/の音です。

 

Key, kind, kick, pumpkin

アルファベットKの単語例

いかがでしたか?

カタカナ読みで発音すると空気が喉の奥からパッと吐き出される無声音がでませんね。

 

お勧め動画ネィティヴの発音の仕方

ネィティヴ先生による音の出し方の動画です。

ポイントは上記で説明した事と同じ内容ですが、詳しく口の形や舌の位置を教えてくれています。

 

出てくる単語例は/k/の音をもつアルファベットKやCが登場します。

The /k/ Sound

 

☆お勧め日本のフォニックス教材はこれです。

音の出し方が私が息子から教えてもらったのと同じで口の形、舌の位置まで分かり安くまとまっています。

 

まとめ

アルファベットKのフォニックスは/k/の一つだけ。

アルファベットCのフォニックス、ハードCと同じ音です。

 

カタカナ読みで「カッ」と言わず、

  • 口を半開きにして
  • 舌の後方を口内屋根につけてから
  • 舌を放す時に喉の奥から息を吐く。

 

カタカナ読みでと言うと口が大きく開いて

「カァッ」とどうしても母音のァの音がついてまわります

 

例えば上記の単語例で“kind”を

カタカナ読みで言った時、「カァインド」となってしまい、

英語発音の“喉の奥から吐き出される音”にはなりません。

 

それだけカタカナの発音時の口、舌の位置と全く違うんですね。

 

だからカタカナ表記をしてしまうと,

ついつい日本語の発音に戻ってしまうんです

 

それを避けるために、カタカナ表記を避けて

「フォニックスの音の出し方」を「発音記号と照らし合わせて」を覚えた方が

自分自身の為にもなる!と私は痛感しています。

 

 

タイトルとURLをコピーしました