海外生活、 日常会話の日記 「朝の息子との会話編」ネィティヴがよく使う表現 “That’s good news.や”Alright then”と スラング用語”brekky”

平日は、毎朝5時半起床する(実際はずっとずれ込んで6時に達する😂)我が息子。

学校へ行く前に楽器の早朝練習をする為です。

反対に週末はこっちが起こすまでひたすら寝続ける。

 

ところがびっくり!

その週末の朝寝しているはずの彼が、5時半過ぎの時点で起きてソファで音楽を聴いていた!

 

 

 

 

 

●●●

あれっ、もう起きてたの

Oh, Did you already get up?

●●●

うん、5時半ごろ目が覚めたんだ

すごい痛みが肺あたりにあって、眠れなかったんだ。

Yeah, I woke up at 5:30 am-ish.

I couldn’t go to sleep because I have a sharp pain in my lungs.

 

ishを使った表現

「ish」は、「~ごろ」「~くらいの」「~ぽい」と言う意味。
時間や年齢、傾向などを表現する時に使われています。

 

get up と wake up の使い方


get up はベッドから起きる行為が基本。


“I got up at 6:00 am this morning.”

(私は今朝6時に起床しました。)

 

 

 

“get up” と言う表現から分かるように、「ベッドから起き上がる」行為です。


“wake up” は「目が覚める」と言う意味。


I woke up at 6:00 am this morning.

(私は今朝6時に目が覚めました。)

 

 

こちらは「目が覚める」に焦点が当たった表現

布団やベッドからまだ出ていない場合はこちらの表現。

 

英語は具体的に行動を表現する言語です。

なので「get up」起床して行動を起こす事に繋がり、一方の「wake up」「目が覚める」行為で「目覚まし時計で目が覚めた」とか、いつまでも寝ている人に「起きろ!」と言う時に使われます。

I woke up with the sound of the alarm clock.

Wake up!!

 

 

●●●

あらっ、それは良くないね。

もう大丈夫?

Oh, no! That’s not good.

Are you OK now?

●●●

うん、段々良くなってきた

Yeah, I’m getting better now.

●●●

あー、それは良かった

朝食、食べれる?

Ok, that’s good news.

Can you eat brekky?

That’s good news! の意味

この表現は「あーっ、それは良かった!」と言いたい時に使います。

ズバリ「朗報」を聞いた時の相槌のセリフです。

Brekky/🇦🇺オージースラング

Breakfastの事で、オーストラリアのスラングの一つです。

綴りはBrekky とか breaky

マクドナルドのbreakfast menu には “Big  Brekkie Burger” ってあります。

 

●●●

うん。

Yes, Mum.

 

 

 

●●●

じゃ、今朝はピザパンにする?

いつもは朝、胃にもたれるから食べれないって知ってるけど。。。

Ok, would you like a pizza bread this morning?

I know normally you can’t eat it, because it’s too heavy in the early morning for you.

 

●●●

うん、今日は大丈夫だよ。

Yeah, but I feel OK today.

●●●

うん、それじゃ(ではでは)!

Alright then!

Alright then. とは?

主に話の締めくくりに使います。

場面としては、何かを話していて同意に至り

「OK,それじゃね!」

「ではでは(そうしよう)」

と言う意味合いです。

 

今日はこんな朝の会話でした。

自分自身の行動を日記にする事も大変役に立ちます。

「こう言う時、英語で何て表現するんだろう?」

 

これをネィティヴに教えてもらうことで、子供が言語を習得するように少しずつ身についてきました。

今後も毎日とはいかずとも、日常生活の会話からお伝えできる「ネィティヴ表現」を紹介していきたいと思います。

 

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました