オージースラング “jigger” ってどういう意味?

今回はスラング用語で頻繁に耳にする“jigger” の紹介です。

最初に聞いたとき、全く意味が分からず困惑しました。

何故頻繁に聞くか?

それだけある単語に代わって使われるからです。

最初に出会ったこのスラングでの会話は、夫がパソコンでebayの商品を見ていた時でした。

「Oh! That’s a big jigger! 」(あぁ、こりゃ大きいぞ。)

この時点で私が知っているジガ―の英語の意味は,カクテルを作る時に計量するカップ

 

だとすると、「こりゃ大きい計量カップだぞ!」

となる。。。

一体どんな大きな計量カップなんだ?しかも何でそんなもの見ているのか?

ところが、夫が見ていたのは車。

その時、Jigger はスラングで使われる事があると知ったのでした。

スラングでのjiggerの意味

では一体どういう意味か?それは、何ともびっくり

Thing とか、stuff だったのです。

そうです。よく出る単語としても習った非常に身近な単語。

☆Thing:物、物体、事、行為、出来事、持ち物、事態など

☆Stuff:材料、資料、物、事、持ち物、所持品,要素など

だったらそのまま使ってよー!と訴えたくなりますがそうはいかないのがスラングの存在です。

スラングjiggerを使った表現

では、実際どのように使われているかいくつか紹介します。


What’s the jigger for(or do)?(それ何?)

What’s that?と同じように使われます。


How many jigger in there?(それ幾つある?)

具体的な対象物の名前を言う代わりにjiggerを使います。


What kind of jigger is that?(それは何の種類?)

これも対象物の名前の代わりにjiggerを使います。


本来のJiggerの意味

最後にスラングではない本来の意味もいくつか紹介しておきます。

  • ジガ―(カクテルなど酒類を作る時に使う計量カップ)

  • 仕掛け(金属加工、木工など機械工具を制御する装置)
  • ゴルフのジガ―(ヘッドの小さいアイアンクラブ)

  • 補助帆、小型漁船

  • ツツガムシ

ダニの一種でかなり厄介な寄生虫。皮膚の下に潜んで血液を吸い、死に至らせるほどの危険な虫との事。

まとめ

jigger本来の意味よりスラングで耳にする方が多いかもしれません。

男女関係なく使われているので覚えておくと便利な単語ですね。

タイトルとURLをコピーしました