Youtubeの字幕表示機能を使った英語の精聴トレーニング法をご紹介!お勧め動画はこれ。

今やどこに住んでいても

ネット環境さえ整っていれば

世界中の情報をゲットできる

素晴らしい時代。

 

中でもYouTubeは様々なジャンル

から自分の興味のある動画を見る

ことができてありがたい存在です。

 

海外の動画はまさに

生きた英語の宝庫!

 

これを英語学習に取り入れるのに

越したことはありません。

 

海外在住で当たり前のように

英語のニュースを聞きますが

私は100%純日本人、

受験英語世代、

30歳を軽く過ぎてからの語学留学

経験者だったので色々と最初は何から

手をつければいいか模索状態でした。

 

人によって英語の得意分野、苦手分野

があって当然ですが英語耳にする為に

最も効果的だった学習法が

「丁寧に聞き取る”精聴トレーニング”

でした。

 

しかもこれは日本にいても出来る学習法。

 

今回は私が実践している

YouTubeを使った英語の

精聴トレーニング」法をご紹介します。

 

YouTubeの字幕表示と速度調整を利用した「精聴トレーニング」法

では順番に説明します。


1.Youtubeにアクセスし興味のある内容を英語で検索。


ここで大事なのは日本語で検索すると

当然の如くまず日本語の動画しか登場

しません 🙁 。

 

「海外ニュース」とか「英語」とか

インプットしても日本語基準なので

その関連動画が表示されるだけで

ベースは日本語。

 

なので「英語で検索」する必要が

あります。

 

例えば

🇦🇺 オーストラリアのコロナウィルス関連なら「coronavirus Australia」

🇯🇵 日本のニュースが海外でどう報じられているか知りたいなら「Japanese news」

🎭 海外のコメディ関連なら「comedy」

 

とにかくキーになる単語をインプットす

とズラーっと英語の関連動画が登場す

るのでそこから見たい動画を選択。

 

但し、聞き取る訓練となると

実際に何と言っているのか

正しい「答え」が必要です。

 

つまりここで「字幕表示機能」

先生となってくれるのです。

 


2.字幕表示が可能な動画かどうかをチェック


全ての動画に字幕表示が提供されている

とは限りません。

それを知る為にはパソコンの場合、動画

の右下に「CC」ボタンがあるか?

(携帯電話の場合は画面右上の

ハンバーガーアイコンをクリック

Captionsをクリックして

ONにする。)

すると、下記のように

字幕が表示されます。

非表示にする場合は再度

「CC」ボタンをクリック。

 

母国語でない英語で

一番鍛えなければならないのは

リスニング!

 

これを鍛える為には繰り返しますが

丁寧に聞き取る「精聴トレーニング

が一番効果があリました。

 

ここで簡単に精聴トレーニングとは

何か説明します。

1.聞き取れた英語を書きとる。何度も何度も繰り返して限界まで書きとる。

(聞き取れない部分は聞こえたままの音を当て字で書いておく)

2.正しい英文と照合。この時、聞き取れなかった部分は初めてきく単語若しくは単語と単語の「連結や脱落音」なので非常に高いリスニング力が身に付く。

3. シャドーイング。一緒に発音する。

 

詳しくは下記の記事の中で紹介しています。

留学前の5つの勉強法。これだけは日本でやっておこう!
留学前に日本で出来る事は日本で勉強!現地でしか学べない「生きた英語の発音」や「会話力」「リスニング」に効果が発揮できるように下準備!自己紹介文や和製英語と英語の違い、最大の壁となるリスニングのコツから効果的なリーディング法など、私が実際に取り組んで良かった事を紹介します。

3.速度調整もできる!


もう一つありがたい機能があって

それは「速度調整」ができること!

 

右下の「CC」の隣にある鍵マーク

(設定ボタン)をクリック。

 

すると下記ような表示になります。

「playback speed」ボタンを選択。

自分にあった速度を選択。

 

限界まで聞いても分からない場合、

無茶苦茶スローモードで試してみます。

 

するとさっきまで聞き取れなかった

英語連結音や脱落音が何となくでも

聞き取れるようになります。

 

この時、自身が聞こえた音

英語そのままで聞き取るべき正しい音

これがすごい発見に繋がるのです。

 


精聴トレーニング実践方法


実際トレーニングを開始する手順

としては私の場合、

⒈最初に全部を字幕なしで聞く。

⒉1文ずつ聞いて停止。書きとる。リピートして限界まで書きとる。

(聞き取れなかった部分は空白)

⒊これを繰り返して最後の手段で速度調整。

⒋字幕表示して自身の書き取った文と照合。

⒌もう一度再生してシャドーイング。

ただここでぶつかる壁があります。

日本語訳がなーい!

 

どうしても自分の解釈が正しいかどうか

チェックしてくれる人がいない、

すぐ聞ける人がいない!

 

でも興味のない内容の動画は

長続きしないし。。。

 

見つけました!

 

海外ニュースや映画などをYouTubeの

ように字幕機能も使えて

しかもスラッシュリーディング

(文頭から固まりごとに意味を捉える)

しやすいように文章構造まで

表示できる教材。

但し、訳しているうちはどうしても

英語を英語でそのまま理解するレベル

に達しません。

 

英語を英語のまま理解できたら

苦労せんわ!」

ともがきまくった時期がありました。

 

でもそうしないと

会話についていけない。

 

なので徹底的に文頭から英単語を

イメージしながら口にして

読む訓練をしました。

 

「うー、でも日本語で理解したい!」

と私の頭が叫びまくる!

 

ちょっと話がずれて行きますが。。。

このストレスを解消してくれたのが

やっぱり日本の教材でした。

 

留学前に何とかして英語耳にしたい!

出会ったのが安河内哲也氏の

「精聴トレーニング」法。

 

むかーし、昔のその昔、

学研から出版されたこの教材、

2003年版です。

 

この中に安河内氏が

「精聴トレーニング」を紹介、

初めてその存在を知ったのでした。

 

今ではこれも英語表現で

「ディクテーション(dictation)」/書き取り

と表現されるようになりました。

答えと照合して何とも

「こりゃ英語が聞き取れないのも

無理ないわ」

と今までの勉強法を後悔しました。

 

きちんと丁寧に聞き取る訓練は

避けては通れない

英語耳を作る基礎の基礎!

 

なので

⭐️言っていることを瞬時に理解

 できるようになりたい!

 

⭐️日本語訳で自身の解釈が

 あっているか確認したい!

 

ならやっぱり日本の教材を

使うのが一番です。

 

私がお世話になった先の教材はもうありませんが、その安河内哲也氏の教材を紹介します。

 

 

 

 

ある程度大人になってから

英語耳にしていくにはもう根気と

努力が必要です。

 

それを一つずつこなしていく

手助けになる、しかも重過ぎない教材

で続けられる!

彼が人気あるのも納得です。

海外教材にはないですからね。

 

もう一つ、お勧めはとてもとっつき安く挫折しにくい仕組みになっているこちら。

ディクテーションは根気が要ります。

 

まずは日本語を速記する時のような全体像を攫む訓練から段階的に取り組める工夫がされている教材です。

 

 

ちなみにどうしても文法をひっくり

返して和訳する癖から抜け出せず

文頭から順番に理解出来ない!

 

という方は

スラッシュリーディング

を始めることをお勧めします。

 

海外では

フレーズリーディング」とも言い、

文章をかたまりごとに捉えて読む

方法です。

 

これをものすごく分かりやすく教えて

くれる教材はこれです!

 

 

分かりやすく楽しめる英語のYouTube動画

 

日本語訳はなくとも

私ゃ大丈夫じゃ!

 

英語の動画で楽しくリスニングを

鍛えたい!という方。

 

言っている内容が比較的理解しやすい

ように工夫された動画を紹介します。

 

日本について取り上げている動画

日本在住の外人が日本について紹介して

いる動画は内容に馴染みがあり楽しみな

がら英語に触れ合えます。

 

検索に “about Japan”

とインプットするとかなりたくさん

登場します。

 

中でもこれは私の息子が見つけた

お気に入り!

 

日本にしかない事柄を面白く取り上げて

います。字幕表示対応です。

29 Things That Exist Only in Japan

 

Behind The News(btn)で話題のニュースを聞く。

検索で”btn”とインプットします。

この番組は子供にも分かりやすく伝える

ように映像も様々な工夫がされていて

しかもキャスターの語り口調が日常会話風

なので生きた英語表現が味わえます。

 

字幕表示対応なので

リスニングトレーニングに最適。

What are the Most Popular Videos on YouTube? – Today’s Biggest News

 

YouTubeの字幕表示機能のおかげで

かなり聞き取れなかった英語が判明し、

それがまた新たな学びとなります。

 

海外のYouTube動画が理解できたら

本当に価値観も楽しさもグーンと

広がりまくりです。

 

タイトルとURLをコピーしました