コロナウィルス関連海外ニュース、1つの動画だけでこんなに学べる英語表現!

既にマスク着用義務化」のニュース

学べる6つの英語表現を3段階に分けて

紹介してきました。

 

その1 “mandatory”

その2 “compulsory”

義務的な、強制的な、必須の

海外のコロナウィルスニュース ”マスク義務化”のニュースで学ぶつ6つ英語表現 その1" mandatory ” とその2”compulsory"
海外ニュースで学ぶ生きた英語表現の紹介です。今回はオーストラリア、ヴィクトリア州での「マスク着用義務化」に伴う英語"mandatory"と"compulsory"について取り上げます。どちらも「義務的な、強制的な」と言う意味の命令。実際のニュース動画を踏まえて説明します。

 

その3”get one’s hands on〜”  

    〜を手にいれる

 

その4”hot property”

   優良不動産

   話題・注目の商品や人物

海外のコロナウィルス関連 ”マスク着用義務化”のニュースで学ぶ6つの英語表現、その3 "get one's hand on〜" その4"hot property"
コロナウィルス関連の”マスク着用義務化”のニュースで登場した6つの英語表現の紹介です。今回はその3"get one's hand on〜(〜を手にいれる)"とその4"hot property"(優良物件、話題商品)を取り上げます。実際のニュースが報じられた動画付きでより生きた英語表現を入手して下さい。

 

その5 “get on top of 〜”

    〜を征服する

 

その6 “The sooner, the better”

    早ければ早いほどいい

海外のコロナウィルス関連”マスク着用義務化”のニュースで学ぶ6つの英語表現!その5"get on top of 〜" その6"The sooner,the better"
コロナウィルス関連の海外ニュースで耳にする英語表現の紹介です。マスク着用義務化で登場する6つのフレーズのうち今回はその5"get on top of 〜(〜を征服する)"と"The sooner,the better(早ければ早いほどいい)"を実際のニュース動画付きで紹介します。

 

中でも、その2(compulsory)から

その6(The sooner, the better)までは

1つの動画だけで得られる、しかも

日常会話的な表現です。

 

この番組は私が息子とよく見る

子供向けのbtnと言うニュース。

 

既に”その2”の英語表現から動画を

紹介してきているのでお分かりと思

いますが決して堅苦しくなく

内容にあったイメージも多々登場!

 

なので何を言っているのか

英語をイメージして捉える事もでき、

更には日常会話として学べる表現

多いのです。

 

今回はこれまでに紹介してきた

その2(compulsory)から

最後のその6(The sooner, the better)

までを通しで動画もふまえて

振り返ってみます。

 

台詞は

Hey. What’s up? Amelia here.

Let’s see what’s making news. 

If you live in Melbourne, then you’ll

probably need to start wearing

one of these whenever you leave

the house. 

It’s one of the Victorian government’s

new rules to tackle a spike in

COVID-19 cases. 

But there are some exceptions.

Here’s Charlotte. 

CHARLOTTE:

It’s a long line and it’s not for

Taylor Swift tickets 

or free doughnuts. 

These guys are actually waiting to

get their hands on a facemask. 

They’re ③hot property now

the Victorian government’s 

④made it compulsory for

people in coronavirus-hit

Melbourne and Mitchell Shire

to wear them. 

From 11:59pm on Wednesday, 

people will have to wear a mask

or face covering whenever they

leave the house or

face a $200 fine. 

It’s all to provide a physical barrier to

the virus and keep all your germy

droplets to yourself and not let them

loose in the air for other people

to breathe in. 

 

I think that the sooner we

get on top of it, the better

so ⑥the sooner that everyone

complies, the better

And it’s not that hard to wear

a mask. 

I think it’s overdue. 

We should have had these rules

in place, like, months ago. 

But there are some exceptions

to the rule. 

Kids under 12 years of age

don’t need to wear one, 

or teachers while they’re teaching, 

or if you’re doing something

active – 

although you are still expected

to carry one with you 

to wear before and after. 

(続く。。。)

引用:btn(Behind The News)

では実際の動画です。

(和訳はこの動画の後に頭から

1分13秒位まで表示しています。

 

どうしても和訳を見てから英語を聞いた

方が理解しやすいと言う方は動画の前に

参考まで先に目を通して下さい。)

 

⭐️右下のCCをクリックすると字幕が表示されます。

COVID-19: Compulsory Face Masks

いかがでしたか?

 

では和訳です。

(最初から1分13秒くらいまで)

(訳)

ハィ。調子はどう?アメリアです。

どんなニュースか見てみましょう。  

 

今後メルボルンに住んでいるなら

おそらく外出時いつでもマスクを

着用する必要があります。  

 

これはヴィクトリア州の新たな規則で

コロナウィルス患者急増に取り組む為。 

 

ただし、いくつかの例外があります。  

(長い行列の映像が登場:

テイラーのチケット入手のため?

無料ドーナツ?じゃありません!) 

  

これらの人たちは実際

フェイスマスクを手に入れる為に

待ってるんです。

  

ヴィクトリア政府は

水曜日午後11時59分から  

コロナウィルスの襲撃を受けている

メルボルン、ミッチェル地区に

住む人にマスク着用を義務付けたので

今やフェイスマスクは

注目話題商品なんです。 

 

外出時はいつでも着用義務があって

着けないと200ドルの罰金。

  

これは全てウィルスに対して物理的な

バリアを作るためで他の人たちが

息を吸う時に 自身に着いた細菌飛沫を

自身で留めて他の人たちが息を吸う時に

空中に逃さないようにするのです。 

 

(街中のインターヴューに答える人たち

のコメント) 

 

「コロナウィルスを征服するのが

 早ければ早いほどいいから 

 皆が従うのも早ければ早いほど

 いいと思います。」 

 

「私はもっと早く取りかかるべきだった

 と思うわ。 数ヶ月前にそこにルール化

 すべきだったと思う。」 

 

但しこれらのルールには

例外もあります。 

 

 12歳以下の子供たち、

また先生たちが教えている時、

或いは何かアクティヴな事を

している時は必要ありません。

但しその前後で着用するために

マスクを持参しなくてはいけません。 

 

もしまだ英語を英語のまま

文頭から理解するのが難しい場合は

イラスト入りの本

 内容をイメージで捉える訓練。

 

②”スラッシュリーデイング”で

 文頭から固まりごとに理解する訓練。

をお勧めします。

 

私が「聞いて理解できる」

ようになったのはとにかく

和訳しない訓練でした。

 

和訳しないと何だか気持ちがスッキリ

しないのを我慢して我慢して

なるべく英語を英語でイメージして

文頭から理解する!

 

英語を英語の表現のまま捉えなと

いちいち和訳していては会話に

ついていけないのです。

 

その為にとにかく時間をかけて

焦らず頑張った事が

「英文を文頭からイメージして捉える」

訓練でした。

 

詳しくは下記の記事で紹介していますのでご覧ください。

考えすぎないスラッシュリーディングと音読。最適な教材はこれ!
スラッシュリーディングと音読で英語が分かる、喋れる、読めるようになるという事は最終的には「英語を英語で理解出来るようになる」と言う事。”Dog"と聞いていちいち「Dogの意味は犬」ってな風に訳さなくても頭の中でワンちゃんが浮かんでます。それが英文法でも出来るようになる為の近道。お勧めの教材も含めて紹介します。
海外の幼稚園でも大人気の絵本。ジュリア ドナルドソンの絵本は英語を英語で理解する最適の本。
スラッシュリーディングのコツはとにかく頭から”英語を英語で理解する”事。訓練の最大の見方は和訳を絶ち切る勇気。英語の絵本は和訳せずに英語を英語でとらえる最強のサポーターです。ここではオーストラリアの幼稚園やプレップでも大人気のジュリア ドナルドソンの絵本シリーズ(CD付)を紹介します。これから言葉を学ぶ子供の為に英語のリズムにこだわった本は英語を英語のまま和訳せずに楽しめる事間違いなしです。

 

タイトルとURLをコピーしました