海外のコロナウィルス関連”マスク着用義務化”のニュースで学ぶ6つの英語表現!その5”get on top of 〜” その6”The sooner,the better”

これまで2回に渡って

マスク着用義務化”のニュース

に登場した6つの英語表現

その1.mandatory

その2.compulsory

”義務的な” ”強制的な” ”必須の”

 

海外のコロナウィルスニュース ”マスク義務化”のニュースで学ぶつ6つ英語表現 その1" mandatory ” とその2”compulsory"
海外ニュースで学ぶ生きた英語表現の紹介です。今回はオーストラリア、ヴィクトリア州での「マスク着用義務化」に伴う英語"mandatory"と"compulsory"について取り上げます。どちらも「義務的な、強制的な」と言う意味の命令。実際のニュース動画を踏まえて説明します。

 

その3.get one’s hand on(〜を<何とかして>手にいれる)

その4.hot property(優良不動産/話題の・人気の商品や人物)

 

海外のコロナウィルス関連 ”マスク着用義務化”のニュースで学ぶ6つの英語表現、その3 "get one's hand on〜" その4"hot property"
コロナウィルス関連の”マスク着用義務化”のニュースで登場した6つの英語表現の紹介です。今回はその3"get one's hand on〜(〜を手にいれる)"とその4"hot property"(優良物件、話題商品)を取り上げます。実際のニュースが報じられた動画付きでより生きた英語表現を入手して下さい。

 

と言う表現を取り上げました。

 

話題になっているニュースを聞いたり

目にする度に痛感する事は

「おー、こう言う風に伝えるんだ!」

と言う学びです。

 

さて、今回は

その5.get on top of 〜

        (〜を征服する)

 

その6.The sooner, the better

         (早ければ早いほどいい)

を紹介します。

 

☆先に実際喋っている動画を見たい

方は動画に飛んで下さい。

 

それでは実際ニュースに登場した

女性の台詞をご紹介します。

I think that the sooner we get on top of it, the better, 

so the sooner that everyone complies, the better. 

引用:Behind The News

 

⭐️右下のCCをクリックすると字幕が表示されます。(該当部分は最初から57秒位まで)

今回紹介する2つの表現は1つの文章の中に組み込まれているので順番に説明します。

get on top of 〜

 

まずこのフレーズ。

意味は

 

  1. ~の上に乗る[乗りかかる]
  1. ~を支配[征服]する、~を鎮圧する、~に打ち勝つ
    ・We’ll get on top of the situation as soon as we can. : できるだけ早く事態を収拾します。
  1. ~の手に負えなくなる、~を悩ます
  1. 〔仕事を〕片付ける

引用:アルク英辞郎

 

今回のニュースでは2番目の

〜を征服する、鎮圧する、打ち勝つ

と言う意味で使われています。

….we get top of it,….「コロナウィルスを征服する」

って事です。

次にその前後にある “The better, the sooner.”を説明します。

The sooner, the better

 

このフレーズについて分かりやすく説明してくれているサイトを見つけました。

Meaning: “The Sooner The Better” is a common American expression that is used in a situation where someone should do something as soon as possible instead of waiting or procrastinating. Usually this is used when there is a sense of urgency.

引用:Language system / the-sooner-better.html

(訳)

「The Sooner The Better」は一般的なアメリカで使われる表現で、待ったり先延ばしにする事なく出来るだけ早く何かをすべき状況で使われます。

通常は緊迫感のある状況で使用します。

このように

「早ければ早いほど良い」の背景には

非常に常用な事”と言うニュアンスが

あります。

 

台詞を再度見てみます。

I think that the sooner we get on top of it, the better, 

so the sooner that everyone complies, the better.

 

先の”get on top of it” (コロナウィルスを征服する)と合わせると、

コロナウィルスを征服するのは早ければ早いほどいい、

だから皆が従うのも早ければ早いほどいい。

 

ちなみに

「The sooner, the better」とくっ付けて使う場合もあります。

Let’s get out of here! The sooner the better! ここから出よう!早いに越した事はない

 

今回のニュースでは

「The 比較級(S V)、the better.」の形

「The sooner(…), the better.」(…するのは)早ければ早いほどいい。
 
おまけでこちらもテレビ広告で
よく耳にします。
 
「The比較級、the better」
(〜であればあるほどいい)の形で
 
The bigger, the better! 大きければ大きいほどいい!
よく耳にするし、いろいろ使い回しができる表現です。
 
 
さて、今回のマスク着用に関しては
それだけ緊迫した状況のもと
”出来るだけ早く着用しましょう!”
と言う思いが込められていたんですね。
 
 
本当に早く征服したいもんです。
これまで紹介してきた表現のうち、
その2の”compulsory”から
最後の”The sooner, the better”は
1つの動画から全て学べます。
次の記事に総まとめをしています。
コロナウィルス関連海外ニュース、1つの動画だけでこんなに学べる英語表現!
マスク着用義務化に関する海外ニュース、たった1つの動画だけで日常会話に登場する5つの英語表現が学べます。この動画は字幕表示も可能なのでリスニングのトレーニングにも!"compulsory"(義務的な)から"get one's hand on"(〜を手にいれる)などネィティヴ英語表現を紹介します。

タイトルとURLをコピーしました