cracklingって?ローストポークのパリパリ皮/海外生活で学ぶ英語!

今回は ”crackling” の登場です。

 

海外生活を経験された方はご存知だと思いますがオージーたちの大好物の1つ。

ローストポーク、いやそのローストポークの焼き上がったカリッとした皮

 

↑これをcracklingと呼びます。

 

 

こういう2〜3kg位のロースト用が肉屋さん、スーパーでも大量に陳列されております。

そこには繊細な「しゃぶしゃぶ用」の薄切り肉の存在は全くありません。

 

この皮の部分に切り込みを入れて、表面にオイルをスプレーしてロックソルト(我が家はベジタブルソルト)を刷り込みます。

 

こうする事でオーブンで焼き上がった時に皮の表面がカリッ!とする!

 

cracklingは動詞のcrackle(パチパチ音を立てる)が起源。

名詞で「ローストポークのパリパリに焼き上がった上皮」として愛される名前となっております。

 

 

 

オージーセレブシェフの1人、カーティスが動画でも紹介していて

●●●

”We all know the best part of roast pork is the crackling.”

 

って言ってます。

 

 

さて、我が夫も大のcracklingファンであり、その気合いの入り用といい、経験の豊富さといい、私の出る幕はありません。

 

 

●●●
姪っ子

Uncle ●●! This crackling is so delicious!

●●●
知人

Your crackling is good!

 

いつも褒めてもらっている。。。

 

いつかオージーの人たちとローストポークを食べる機会があったら、間違いなくこの”crackling”がサイドメニューでついてきますよ!

その時にはぜひ、感想を伝えてあげてくださいね!

 

 

イギリス暮らしの英語表現
created by Rinker

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました