「半分に切る」は”cut (something) in half ” か” cut (something) into halves” か? その違いって何?

「半分に切る」って英語で言うと、

cut (something) in half

 

もう1つ、見聞きするのが

cut (something) into halves.

 

両者とも「半分に切る」って意味で使われていますが、どうやって使い分けるのか?

 

夫や息子にしつこく聞きまくりました。

 

 

●●●

What is the difference between “cut ** in half” and “cut ** into halves”?

 

では教わった事をお伝えいたします。

halvesとは

まずは、”halves” って単語の意味の基礎からいきます。

 

ここで使われている「halves」ってのは、名詞「halfー半分」の複数形のこと。

“half” ってのは「半分、50%、1/2」の事。

 

 

 

なので”half(半分)” の複数形である”halves” ってのは、

半分の物が2つ以上ある状態

 

半分に切ったりんごを例に取ると、それぞれの数え方はこうなります。

 

 

 

●●●

two (three…) half apples とか

two (three…) apple halves とも言うよ。

 

cut (something) in half (〜を半分に切る)

 

“half” とその複数形ー” halves”(半分が2つ以上)のイメージを理解しました。

次は、” cut (something) in half” の使われ方を教わりました。

 

ズバリ、ある物を真ん中で等分に切る行為の事。

例えば、1個のレモンを半分に切る時など。

 

ある1つの物を半分に切る行為の時に使いますね。

結果としては2つの半カットレモンになります。

 

I cut a lemon in half.

(レモンを半分に切りました。)

So I have two halves of a lemon.

(two half lemons)

(だから2つの半カットレモンがあります。)

 

ってな感じ。

 

とにかく彼らのイメージでは「ナイフを持ってど真ん中から”半分にする”」と言う行為が強調されるそうです。

 

cut (something) into halvesが使われる時

では、半分の複数形”halves” を使った表現の場合。

1/2サイズ🌜が複数になる場合。

つまり切る物が1個ではなく複数をそれぞれ半分に切る場合です。

 

”I’m cutting oranges into halves.”

(オレンジを半分に切ってます。)

 

このように明らかに”半分以上の物が複数存在する”結果となる時。

つまり複数の物を半分ずつ切る場合。

 

すると、聞き手は例えその場にいなくとも「あー、数個のオレンジを半分にカッしてるんだな。」ってイメージが浮かぶ訳です。


 

☆実際には切る対象が1つの物でも

“cut an apple into halves

“cut the apple into halves

 

と、”into halves” を使った表現を見ますが「そりゃ間違いだ!」とは受け取らないそうです。

 

特に「半分ずつ両方使うような状況」の時。料理の作り方で見かけます。

cut the grapefruit into halves, sprinkle them in sugar and serve them at breakfast.”

 

取り分で表現すると、

cut the apple in half は50%🌜

cut the apple into halvesはその両方。1/2が2つ。🌜🌜

 

でもそこまで深刻に考えて使わなくてもいいみたいです。

 

 

●●●

I cut an apple in half/into halves.

Let’s share it.

 

まとめ

結局、ネィティヴは切る対象物が1つの場合、

cut (a/the object) in half /into halves

と両方使っています。

 

夫が言うには”into halves”は長ったらしいから… 😉 

 

私はややこしいので、切る対象物が1つなら

cut (a/the object-単数形) in half

 

「複数の物」を半分にするなら

cut (something-複数形 )into halves

 

英語っちゅうのはほんと、具体的に表現するって事ですな。。。

 

 

タイトルとURLをコピーしました