海外で習うフォニックスはこんな感じ。アルファベットTは1つの音 /t/ 。でも音の出し方は3つ。

 

今では私が昔むかしに聞いたような

●●●

Happy birthday to(ツー )you ♪

 

って歌う人、いなくなりました。。。

 

今の世の中、toの発音は「トゥ」に昇格しました。

日本のニュースで耳にした”Go to travelキャンペーン”も「ゴートゥートラベル」って’to’の部分だけ少し英語っぽくなってました。

 

これは凄い進化であります。

「ツー」読みから「トゥ」読みにするだけで英語っぽくなります。

 

ただーし!英語発音ではない!

カタカナは分かりやすくて便利だけど、全く違う発音をする英語の最大の壁でも。。。

 

アルファベットの持つ音の出し方を知って習得すればカタカナ英語との違いが分かります。

 

と言うことで引き続き我が息子がオーストラリアで4歳から5歳の時にプレップ(小学校準備学級)で習ってきたアルファベットTの音の出し方を紹介します。

 

Tの音の出し方は実は1つだけではなく下記のように

 

Tの音の種類

 

t” が単語のどの部分にくるか(最初、真ん中、最後)によって変化するケース。

 

最初にある場合:The hard /t/ 

破裂音、強く息を吐いて出す。

例)today

 

真ん中にある場合:The soft /t/

弱めに音を出す。 

例) letter

 

最後にある場合:The silent /t/

→息を吐かずに止める

(弱めに発音する場合と両方あり)

例)night

 

更に厄介なことに

アメリカ英語とイギリス英語、オーストラリア英語でそれぞれ違う発音をするケース。

例) water, butter, twenty

 

①アメリア英語:wa:/dər

②イギリス英語:wɔːtə

③オーストラリア英語:wɔː/tah ,wɔː/dah

 

など非常に奥深いです。

 

特に前述しましたがアメリカ英語、イギリス英語、更には私の住むオーストラリア英語で微妙に違います。

ここではまず基本中の基本である息子が学校で習ってきた

1. 強い破裂音の/t/ (The hard Tsound)                                                               

 

を紹介します。

T has one sound /t/.

基本の音、強い破裂音の/t/です。英語ではThe hard T soundと言われます。

引き続き九九を覚えるように口ずさみます。

 

では下記動画で口元、音を実際に見て聞いてください。

phonics /t/sound

 

強い破裂音/t/の出し方

 

口の形や舌の位置、息の吐き方はアルファベットDのフォニックスと同じです。

海外で習うフォニックスはこんな感じ。アルファベットDは1つの音/d/。
海外で習うフォニックスを紹介。アルファベットDのフォニックス読みは/d/ の一つです。「D has one sound /d/.」と九九を覚えるように口ずさみます。音の出し方のポイントは下を口内の屋根につけるところ。息子が学校で習ってきた方法とネィティヴの発音法を口の形、舌の位置、息の吐き方や単語例も含めて動画付きで詳しく説明します。

 

違いは有声音か無声音か!/d/は音を出し、/t/は音なしで喉は震えません。

 

 

1.まず舌の先を前歯の後ろ、口内屋根(硬口蓋)につけて空気を遮断。

 

 

 

 

 

この時、口の形は自然と微笑む感じ。 

 

 

 

 

 

2.次にその舌を勢いよく放して

 

 

 

 

    

 

 

3.遮断していた空気を吐き出す。

 

 

 

 

 

 

 

この無声音なる強い破裂音がフォニックスのThe Hard T soundです。

 

それでは

①舌の先端を上の前歯の後ろ辺りの口内屋根につけて空気を遮断

(口は自然系、やや微笑む感じ)

②その舌を一気に放してためていた空気を吐き出す

 

この要領で動画と共に発音して下さい。

 

/ t / sound

 

/t/の単語例

念頭で書きましたがTのつく単語は

Tが最初、真ん中、最後に位置するか!によって発音の仕方が微妙に変わります。

ですが基本の音の出し方は同じです。

 

真ん中にあったら少し弱め、最後に”t”が来た場合は弱め若しくは息をすぐ止める感じ。

ここでは

time” “tree” “temple” “chest

の発音を動画で紹介します。

t words

 

アメリカ英語、イギリス英語、オーストラリア英語でのT発音の違い

 

前述しましたアメリカ英語、イギリス英語、オーストラリア英語でTの発音が変わるのは、

このTが真ん中にきて前後が母音で挟まれる単語

 

例えば water!

簡単に紹介します。

●●●
US(一般)

ざっくり言いますと

/t/じゃなくて/d/で発音

waterの “wa” はUKやオーストラリアと違って”wa:”

waterは wa:/dər!

 

●●●
UK

/t/は/t/です。強い破裂音です。

waterの”wa”の音は ” wɔ

waterは wɔːtə!

 

 

●●●
AUS

”t”は2つのタイプ!/t/と/d/で人それぞれ。

waterの”wa”の音はUKと同じで ” wɔ

waterは wɔː/tah! 若しくは wɔː/dah!

 

 

私が住むオーストラリアはアメリカ英語とかなり違って巻き舌はほとんど聞きません。

発音の違いがあることを知ると「あれっ、間違い?」と戸惑いがなくなって少し楽になります。でも決して「カタカナ発音」ではありません。

 

”water”の発音の違いを非常に分かりやすく説明してくれている動画を見つけました。

How to say “WATER” Received UK-General Australian-General USA Pronunciation|

まとめ

アルファベットTの英語の音は日常非常によく使うので日頃から意識して舌の位置と口の形に気をつける必要があります。

もしカタカナ英語で上記に挙げた単語を「イム」「リー」「ンプル」と言うと破裂音が出ず、母音もつきまといます。

「チェス」はほぼ完全に通じないです。

 

これを英語のTの音の出し方で例えば

 

time(táim)

/t/:

舌を上の前歯の後ろ辺りの口内屋根につけ空気を遮断してから放す時に息を吐き出す。


/á/:アルファベットAの音のうちの長めの/aa/の出し方

→あくびする時みたいに縦に大口を開け,舌を後方に引いて長めに/á/

 

海外で習うフォニックスはこんな感じ!アルファベットAの3つの音。
現地で習うフォニックス習得法をご紹介。「A has three sounds ....♬」と口ずさみながら覚えられるので忘れません!息子が学校で教わった方法とネィティヴの発音法を口の形、舌の位置、単語例を含めて動画付きで説明します。

 


/i/:アルファベットI(i)の短母音/i/の音の出し方

口角を左右に引き、舌を高めに置いて短めに喉の奥から/i/

 

海外で習うフォニックスはこんな感じ。アルファベットiは2つの音。
海外で習うフォニックスの紹介。アルファベットiには短母音(発音記号i)と長母音(発音記号ai)の2つのフォニックス読みがあります。「I has two sounds /i/ and /ai/.」と口ずさむように覚えます。ネィテイヴによる音の出し方を動画で説明しています。

 


/m/:アルファベットMの音の出し方

→唇をやや中へ入れた状態で/m/とハミングするように鼻音を出す

 

海外で習うフォニックスはこんな感じ。アルファベットMは1つの音。
海外で習うフォニックスの紹介です。「M has one sound /m/ .」と九九を覚えるように口ずさみます。これは息子が学校で習ってきた覚え方です。音の出し方のポイントは鼻から空気をだしてハミングする感じ。単語例も含めてネィティヴによる分かり安い音の出し方を動画付で説明します。

 

 

とフォニックス発音を意識すると見る見るうちに素敵な英語発音に変化!

 

なかなか見様見真似だけではネィティヴのような音は出せません。

でも音の出し方を知ることで少しでも英語の発音に近づくことができ、カタカナ発音を脱却できます。

私自身、まだまだフォニックスを欠かさず意識しないと日本語で喋っている時にはどうしてもカタカナを使うので英語で話す時に母音が残ってしまうことがあります。

それを断つためには日々

☆「A has three sounds …」と息子や先生から教わったアルファベットのフォニックス音を繰り返す地道な努力!

☆単語の発音記号を意識する。

☆英語の本でも映画の字幕でも音声付きを聞いてシャドウイングする!

 

とにかく声に出すことです。カタカナ発音じゃなく。。。

頑張りますよ!

 

 

 

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました